スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピリチュアルリトリート@シャスタ スエットロッジ

ネイティブアメリカンの儀式
スウェットロッジ。

熱く熱した石に
セージなどの芳香植物をのせて
熱い蒸気と太鼓、祈りの言葉で行われる「治癒と浄化」の儀式。

怖くて辞めようかとも迷ったけれど
ご縁あって体験してきました。

何が起きるかセラピーとしての流れを見守る「観察自我」。
暑さと息苦しさ、汗と涙のなか
いろんな気づきやビジョンを受け取る
意識レベルが落ちて
無意識につながりやすい自分。

みんなと一緒に声を出す。
太鼓に合わせて手を叩いて
思いっきり儀式の流れに身を任せていると
暑さや息苦しさが楽になる。
儀式全体に乗っている感覚。

「私って生まれたくて生まれたくて
しょうがなかったんだー」

という言葉が湧いてきて
観察自我が驚いている一方
腑に落ちて、納得して、脱力している自分もいる。

こんな感じの気づきと驚きが繰り返されたのが
とても印象的でした。

以前トランスパーソナル心理学の
吉福セミナーに参加した時に
呼吸法で無意識の気づきが身体感覚で湧きおこってきましたが
そのブレスワークを彷彿させられる儀式。
心理ワークはこういう知恵を参考にして
作られたのでしょうか。

万物に神性を感じ
そのメッセージを大事にしている
ネイティブアメリカンの方々。

その知恵を
表現した書籍が
メンタルヘルスに役立つと
復職支援のユーザーさんから教えていただきました。

『アメリカ・インディアンの書物よりも賢い言葉 (扶桑社文庫)』 [文庫]
エリコロウ (著)


木々からも
_DSC_0022.jpg

お花からも
_DSC_0109.jpg

動物からも
_DSC_0004.jpg

自分のいまに必要なメッセージを受け取れます。

ネイティブアメリカンのように。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いいですよね~

「私って生まれたくて生まれたくて
しょうがなかったんだー」って思われたんですね!
ハワイにいた時毎週通ってたくらい大好きです。
サウナは苦手なんですが。

近所に同じような場所があるので、
Mちゃん連れて行ってあげたかったです。
プロフィール

松尾祥子

Author:松尾祥子
1994年オーストラリアで出会った精油。
自然の力や人間の未知なる力に魅せられ、現在は嗅覚の特殊性やイメージ・植物の生命力を活かしたアロマセラピー、大学院で学んだ臨床心理学、緑の薬箱といわれるハーブ療法、呼吸法・ヨガ・アーユルヴェーダを始めとする東洋の英知を活かして、個人セッションやグループセッション、教育や研究活動を行っています。

Aromatherapy月の香り主宰
 ㈱SAFARI代表
アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理学大学院修士課程卒業

SAFARIでは「活き活きと自分らしく生きる」ことをテーマに企業や学校での研修、メンタルヘルスワークショップ、自然の香りを使った情操教育やアロマセラピスト派遣を行っています。

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。