スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精油と人間力とエネルギー

週末は大学院での授業。
今週はテストもあったため、
まったく休日が確保できず夜も知的活動でバタバタしてしまい
疲労気味・・・
こんな時こそ、瞬時に切り替えスイッチを押す精油や呼吸法、瞑想。
本当に植物達の小瓶には助けられています

心理カウンセリングには様々な手法がある。

日本の大学院は
自分がついた教授がどの手法の研究者であるかによって
自分の学べる手法も決まってくるらしい。

ユングの研究者であれば精神分析。
比較的現代的な手法である認知行動療法。
研究をするのであれば、そして教授の研究に非常に共感していれば
それを突き詰めていく。

私の所属している大学院はカリフォルニアに本校があるため
こういった「派閥」のようなものは全くなく
クライアントさんにとってよい物をいろいろと使おうという考え。
それはアロマセラピー臨床をしていた私にとっては
「必然」。

様々なクライアントさんがいて
その個性にあった手法やアプローチがある。
そしてセラピストも様々なタイプの人がいて
Aセラピストには使える手法でも
Bセラピストにとってはキャラクターが違うので
しっくりつかえないこともある。
だからその瞬間にいろんな引き出しからいろんな手法のエッセンスを使用する。
スピリットも決して否定されていない。
本当の心の変革には必要な概念としてしっかり学ぶ。

週末の大学院で教鞭をとっているのは
精神科医師でもあり文化人でもある斎藤学先生と
臨床心理を何十年も行ってきている2人の先生。
3人ともスタイルがまったく異なるので
アプローチも勉強の仕方も全く異なる。

私たちアロマセラピストも様々なタイプがいる。
アロマテラピーの学校の宮川先生、木田先生、ライブラの原田先生・・・
セラピスト仲間の手島さん、神本さん・・・そして先輩の安珠さん。
自分らしさの中で自分にあったスタイルを使って
みんなクライアントさんと真剣に向き合っている。

今日はアロマテラピーの学校茗荷谷校でケーススタディの授業。
私の考えるアロマテラピーを、私のクライアントさんへのアプローチ方法をしっかり伝えられたでしょうか?

「ブログ見てます!たくさんいろいろ書いてください。」との
応援をどうもありがとうございます。
人ってやはり応援されるとパワーもらっちゃいますね。
週末の大学院、月曜の協会での朝から晩までの仕事でヘロヘロだったはずなのに、帰りにはなんだかとても心身が軽くなっていました。

精油と「人間力」でクライアントさんをサポートする。
これがアロマセラピストの仕事。

私も生徒さんやクライアントさんの応援団として
もらったエネルギー循環させていけたら嬉しいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

松尾祥子

Author:松尾祥子
1994年オーストラリアで出会った精油。
自然の力や人間の未知なる力に魅せられ、現在は嗅覚の特殊性やイメージ・植物の生命力を活かしたアロマセラピー、大学院で学んだ臨床心理学、緑の薬箱といわれるハーブ療法、呼吸法・ヨガ・アーユルヴェーダを始めとする東洋の英知を活かして、個人セッションやグループセッション、教育や研究活動を行っています。

Aromatherapy月の香り主宰
 ㈱SAFARI代表
アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理学大学院修士課程卒業

SAFARIでは「活き活きと自分らしく生きる」ことをテーマに企業や学校での研修、メンタルヘルスワークショップ、自然の香りを使った情操教育やアロマセラピスト派遣を行っています。

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。