スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災の報道で心を痛めている人も

家庭内暴力において
直接暴力を受けた人だけでなく
暴力を直接受けていない
それを見ていた子供も
暴力を受けた子供と同じように
時にはそれ以上に精神的に大きな影響を受けます。

直接被災していない
遠くで報道を見て心を痛めている人たちも
今回の天災や人災で大きな影響を受けています。

精神医学の世界では
このような大きな出来事から1ケ月間は
様々な心身の症状が現れるのは
自然の反応と考えられています。

動悸、筋肉のけいれん、悪夢、無力感、
焦燥感、脅迫感、悪夢、嫌な記憶
…そして罪悪感。

イギリスに住む友人から送られてきたメール。
同じような言葉をいろんな国に住む友人から聞かれたので
許可を得てこちらで紹介いたします。

『こちらでも当日は一日中地震のニュースが報じられ
その後もかなり長い間、トップニュースでした。
テレビで流れる映像が本当に自分の国でおきたことなのか
信じられない思いでいっぱいです。

こちらでは私も含め
遠く離れて安全なところにいて何も出来ないということに
嫌悪感というか罪悪感というか
なにか後ろめたい気持ちがあるきがします』

九州に住む親戚たちも花見を自粛すると話しています。
うしろめたさ…を口にしていました。

地球を一つの生命体だと考えるガイア説。
一人の人間を支える六十兆個の細胞を
地球規模に考えると
人間や他の生物一人ひとりが細胞と考えられます。

人間が脚の骨折をしたとき
血流や栄養分などでその損傷治癒をしようと身体全体は治癒に協力しますが
心臓の筋肉の細胞や手の皮膚の細胞が
働きをやめることはありません。

東北の復興に全面的に協力し
東京や九州、そして諸外国の皆様も
通常の働きをやめない。
それが自然治癒システムの原則ではないかと
私は思っています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

松尾祥子

Author:松尾祥子
1994年オーストラリアで出会った精油。
自然の力や人間の未知なる力に魅せられ、現在は嗅覚の特殊性やイメージ・植物の生命力を活かしたアロマセラピー、大学院で学んだ臨床心理学、緑の薬箱といわれるハーブ療法、呼吸法・ヨガ・アーユルヴェーダを始めとする東洋の英知を活かして、個人セッションやグループセッション、教育や研究活動を行っています。

Aromatherapy月の香り主宰
 ㈱SAFARI代表
アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理学大学院修士課程卒業

SAFARIでは「活き活きと自分らしく生きる」ことをテーマに企業や学校での研修、メンタルヘルスワークショップ、自然の香りを使った情操教育やアロマセラピスト派遣を行っています。

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。