スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の感覚に正直になること

大学院教授が雑誌向けに書いた「いじめの考察」を読んだ。

10ページに渡るものなので
一言で書くのは無理だけれど

グループの中にルールがあり
そのルールはとても小さい事柄まで
構成メンバーの選択が同様である事を求める。
その選択が異であるとき
グループの存続を脅かす存在を
徹底的にいじめる。
誰もが自分がいじめられる側になりたくないので
そのルールに従っていじめをしたり傍観したりする・・・

私は多くの講習会の冒頭で「香りのイメージワーク」を
行っています。
筋肉弛緩法を用いて身体を緩め
その後呼吸法で自分を内省状態にもって行きます。
それから精油をふかーく
細胞の一つ一つに届けるように呼吸します。

すると思ってもみなかったような情景が浮かんだり
感情が浮かんだりします。
まるで夢をみているようにイメージが膨らむ人もいます。

イメージワークを終了し
感想を求めると
この体験を感じたままに活き活きと語り
表現できる人は多くはありません。

「こんなことを言っては恥ずかしい」
「これは正解ではないかもしれない」
「子供じみている」などと思うのかもしれません。
そしてこの反応は意識に上らないレベルで
起きていることも多いのです


小さな頃から
大多数の意見を瞬時に感じ取って
それを発言しようとする癖を身につけていた・・・
先生の求めている答えを
答えるようにプログラミングされている・・・

「恥の文化」と評される日本の
「よいこ」たちにはこの傾向が強くあります。

自分の感覚を素直に捉えて
それをそのまま表現してみる。
それはみんなとちょっと違うかもしれないけど、
きっと自分がキラキラと輝きだす瞬間になるのだと思っています。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

松尾祥子

Author:松尾祥子
1994年オーストラリアで出会った精油。
自然の力や人間の未知なる力に魅せられ、現在は嗅覚の特殊性やイメージ・植物の生命力を活かしたアロマセラピー、大学院で学んだ臨床心理学、緑の薬箱といわれるハーブ療法、呼吸法・ヨガ・アーユルヴェーダを始めとする東洋の英知を活かして、個人セッションやグループセッション、教育や研究活動を行っています。

Aromatherapy月の香り主宰
 ㈱SAFARI代表
アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理学大学院修士課程卒業

SAFARIでは「活き活きと自分らしく生きる」ことをテーマに企業や学校での研修、メンタルヘルスワークショップ、自然の香りを使った情操教育やアロマセラピスト派遣を行っています。

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。