スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感性教育

シュタイナー学校が作成した来年度のカレンダーを購入した。

水彩画で描かれた色の世界。
優しい色がまじりあう。
幻想的だけれど
なんだかとてもエネルギッシュで
何度も何度も見たくなる。

シュタイナーといえば「感性教育」。

最近、私のやりたいことは
「感性教育」という分野なのかもしれないと感じている。

自然の香りが私の生活に加わるようになったとき
私の現実世界には1次元増えたような感じがした。
今までの世界に色と光が加わった感覚。
こんなに世の中は活き活きと
色を放っていたのだ・・・と。

IQより注目されてきているEQ(Emotional Quatient)、心の知能指数。

人の表情から人の感情を読み取ったり、特定の状況に置かれた場合の対処方法などから、その人物の感情理解力や感情統制力など感情精神に関わる能力を測ろうというもの。IQなど知的な指標よりも、EQの高い人材のほうがビジネスで活躍するとの仮説に基づいて近年注目を集めつつある。( http://www.exbuzzwords.com/static/keyword_707.html より)

サービス業にEQ能力は欠かせない。

この人が何を求めているのか。
どうしてこの発言をしているのか。
自分に何ができるか。

それを瞬時に判断するのは「感性」だと思う。
そしてこれはある程度「素質」による・・・と
客室乗務員時代に後輩指導を通じて感じていた。

つまり「気がつかない人はサービス業は無理!!」と
指導をあきらめていた部分もあった。

でも最近、この「感ずる力」を高めるために
五感を鍛えることが有効だと強く感じている。

アロマセラピストにも「感ずる力」は欠かせない。
だから「感ずる時間」を
ほんの少しでも取りたいと
やることがたくさんある授業でも
早口になっても
焦って汗をかきつつも
精油と向き合い、嗅覚に集中する時間を大切にしているのです。

シュタイナー教育を実践する小学校が08年度、文科省の学校設置基準を満たした学校法人としては初めて、千葉県長南町に開校するそうです。









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

松尾祥子

Author:松尾祥子
1994年オーストラリアで出会った精油。
自然の力や人間の未知なる力に魅せられ、現在は嗅覚の特殊性やイメージ・植物の生命力を活かしたアロマセラピー、大学院で学んだ臨床心理学、緑の薬箱といわれるハーブ療法、呼吸法・ヨガ・アーユルヴェーダを始めとする東洋の英知を活かして、個人セッションやグループセッション、教育や研究活動を行っています。

Aromatherapy月の香り主宰
 ㈱SAFARI代表
アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理学大学院修士課程卒業

SAFARIでは「活き活きと自分らしく生きる」ことをテーマに企業や学校での研修、メンタルヘルスワークショップ、自然の香りを使った情操教育やアロマセラピスト派遣を行っています。

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。