スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タラソテラピー

3ヶ月近くまともなお休みが取れなかった夫と
熱海から船で20分の初島へ
週末は家族旅行に出かけてきました。

なんと言っても楽しみは・・・
タラソテラピーとアロマテラピーのあるSPA

まずは、フローティングバス
これは暗いドームのような空間で死海の塩に浮遊し
母胎の子宮で羊水の中に浮かんでいた頃の
潜在的な感覚を思い出させるもの。

まだ意識にのぼらないレベルの記憶は
身体が覚えている。
そこから何か気づきがあるのか・・・。

深い気づきには至らないけれど
毎回なんだかとても不思議な感覚に包まれるので
ここにくるとどうしてもこれを受けてしまい
今回で6回目くらい。

塩水で肌に少し刺激があるものの
終わった時にはぼーっとした感覚が心地よい。

その後は泥パック
血行を促進することで、コリを緩和させ代謝を促進させてくれる。
粘土の効用を考えると老廃物の吸着も期待できる。
泥を身体に塗って温めると・・・たくさんの汗とともに
余分な老廃物も出ていったようですっきり。
心地よい疲労感。

そして・・・メインイベント。
アロマテラピー
SPAにありがちな「できあいマッサージ用ブレンドオイル」で
個人に合わせて調合してくれないのは本当に残念だけれど
セラピストさんはとても感じのよい方で、
私のわがままも快く聞いてくれた。

オプションで腹部とヘッドをつけた。
やはり、お腹は欠かせない。
動物の急所「お腹」をゆっくり温かく
ひたすら呼吸のリズムに合わせて
波のリズムを意識したトリートメントをしてもらえると
そのまま、ふーーっと眠りと覚醒の間の
変性意識状態に移行する・・・

私はこの「変性意識」が
遺伝子のON/OFFに関与するのではないかと推測している。
今回は何かの変化があるか・・・

雨にも降られたけど
温暖な気候の中
さっきまで泳いでいた新鮮なお魚を食し、
海洋深層水の露天風呂に入って、
海のエネルギーをたくさんもらって帰ってきました。

極楽鳥花 大根干し

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

松尾祥子

Author:松尾祥子
1994年オーストラリアで出会った精油。
自然の力や人間の未知なる力に魅せられ、現在は嗅覚の特殊性やイメージ・植物の生命力を活かしたアロマセラピー、大学院で学んだ臨床心理学、緑の薬箱といわれるハーブ療法、呼吸法・ヨガ・アーユルヴェーダを始めとする東洋の英知を活かして、個人セッションやグループセッション、教育や研究活動を行っています。

Aromatherapy月の香り主宰
 ㈱SAFARI代表
アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理学大学院修士課程卒業

SAFARIでは「活き活きと自分らしく生きる」ことをテーマに企業や学校での研修、メンタルヘルスワークショップ、自然の香りを使った情操教育やアロマセラピスト派遣を行っています。

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。