スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強い力を回復するために

『17日の閣議で、2008年度版の「自殺対策白書」を決定した。
08年の自殺者数は3万2249人で、前年から844人減ったものの、
11年連続で3万人を上回った』(時事通信)

yahooに載っていた自殺対策の記事。

1年前、アメリカミネアポリスで開催された学会でも
さまざまな国において
自殺者を減らす対策が話題に上がっていた。

メンタルヘルスサービスを受けずに
自殺をしてしまう人が多い現実。
これをどうするか?
いかに適切な介入を受ける機会と
出会ってもらうか。

職業別の自殺者数。
無職や主婦なども多いことを考えると
組織内の人だけでなく
もっと身近な人が異変に気がつく必要がある。

原因には心身の病気や金銭問題によるものだけでなく
家族の将来を悲観して
また、家族の不和や孤独感なども挙げられている。

つながりの回復

人は愛着の存在がないと生きられない。
そして愛着対象がないことは
恥ずべきことではない。

今朝の朝日新聞には
イギリスの心理ケアと日本の現状、
そして認知行動療法への期待について
書かれていた。

心が晴れなくて生命力が低下してしまった人が
いまのその人にあった適切なきっかけが
自分の中にある強い力に気がつくきっかけが
得られるために。
何かできることはあるのか。

アロマセラピーを通して
その「気づき」を共有し、感動して、
臨床心理学を専門に学んだ人間として
ついつい突き詰めて考えてしまいます。


参考
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091117-00000040-jij-pol




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

松尾祥子

Author:松尾祥子
1994年オーストラリアで出会った精油。
自然の力や人間の未知なる力に魅せられ、現在は嗅覚の特殊性やイメージ・植物の生命力を活かしたアロマセラピー、大学院で学んだ臨床心理学、緑の薬箱といわれるハーブ療法、呼吸法・ヨガ・アーユルヴェーダを始めとする東洋の英知を活かして、個人セッションやグループセッション、教育や研究活動を行っています。

Aromatherapy月の香り主宰
 ㈱SAFARI代表
アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理学大学院修士課程卒業

SAFARIでは「活き活きと自分らしく生きる」ことをテーマに企業や学校での研修、メンタルヘルスワークショップ、自然の香りを使った情操教育やアロマセラピスト派遣を行っています。

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。