スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望と自己表現と集合的無意識:アメリカ大統領選

昨日、オバマ大統領が選挙戦で勝利を得ました。

長蛇の列に並んで選挙を待つ人たち。
オバマ大統領の演説。
開票・大統領決定の瞬間をアメリカ国民と分かち合いたいという若い女性。
涙し歓喜する人々。
オバマ大統領を支持するといったマケイン候補・・・

大学でアメリカ文学を専攻していた頃、
WASP「(White Anglo-Saxon Protestant)の頭文字をとった略語で、
米国での白人のエリート支配層(ウィキペディアより)」について
学んで黒人の大統領が生まれるなんて
考えられなかった。

不可能が可能になる課程。
見ているこちらもワクワクさせられる。
希望がぐんぐんわいてくる。

生きるのに絶対に必要なものは・・・希望だよ

ブルガリア・ソフィアの空港で
一見怖そうなおじさんが
言ったひとこと。

心理学者の故 河合隼雄氏も
医者のできることは
患者に希望を与えること・・・と言ったそう。

希望は生きる糧になる。
私もメンタルへルスが気軽に受けられる環境になるように
自殺者が少しでも減少し
人が支えあえる日本になるように
想いを具体化していこうと思います。

さて選挙戦といえば
テネシー州の友人の家の近所でも
普通の住人が自分の支持者を示す
あの看板をお庭に堂々と示していました。

「自分はこう思う」

これをしっかりと感情的にならずに
表現し、相手の意見を尊重しつつ
ディスカッションする。

仕事でも地域のコミュニティ社会でも
求められる技術。
アサーティブネス。



日本人は狭い空間の中で
熱くディスカッションするには
暮らしの距離が近すぎたのか・・・
日本人の集合的無意識には
ディスカッションを反射的にさけようとしてしまう
傾向があるのではないでしょうか。

・・・と、こうやって曖昧に表現してしまうのです。
だからアサーティブネスを意識し
トレーニングするのです。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

選挙

アメリカの歴史を変えた!と一日中大騒ぎだったアメリカ。娘の学校でも選挙にちなんで’赤、青、白’の服を来ていく日があったり、授業では子どもが選挙投票ごっこをしたり、ハロウィンに続いての大イベント。クリスチャン色の濃いこの地域では、マケイン派が多かったような、、子どもの選挙でもオバマ7 VS マケイン11だったとか。昨日のESLでの授業でも選挙について、ディスカッションが繰り広げられた。自分の意見、意思を常に求められるアメリカ。刺激も多く、学ぶ日々が続く。
プロフィール

松尾祥子

Author:松尾祥子
1994年オーストラリアで出会った精油。
自然の力や人間の未知なる力に魅せられ、現在は嗅覚の特殊性やイメージ・植物の生命力を活かしたアロマセラピー、大学院で学んだ臨床心理学、緑の薬箱といわれるハーブ療法、呼吸法・ヨガ・アーユルヴェーダを始めとする東洋の英知を活かして、個人セッションやグループセッション、教育や研究活動を行っています。

Aromatherapy月の香り主宰
 ㈱SAFARI代表
アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理学大学院修士課程卒業

SAFARIでは「活き活きと自分らしく生きる」ことをテーマに企業や学校での研修、メンタルヘルスワークショップ、自然の香りを使った情操教育やアロマセラピスト派遣を行っています。

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。