スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火事場の馬鹿力

火事場の馬鹿力については
アロマセラピー教育の現場にいる私達が普段使っている
「目で見るからだのメカニズム」にも書かれている。

通常は骨や筋肉などを傷めることがないように
100%の力を出さないように大脳が制止している。
最大筋力は通常の30%程度大きい筋力が得られるらしい。
けれど「いざ」というときには
その制御を解いて
潜在力を発揮する。

それは筋肉だけでなく
大脳の細胞も5~10%しか使っていないらしい。
「追い込まれると火事場の馬鹿力的な能力が発揮されることになる。
人間その気になれば、つまり緊張し、集中すれば
かなりのことがやれるのである。」(下川さん)

(参考サイト)
http://www.chuden.co.jp/torikumi/study/library/news/pdf/list074/N07402.pdf#search='火事場の馬鹿力'

先日のミネアポリスでの発表後の質疑応答時。
発表は出来ても質問を聞き取ることに
心配があったのですが
緊張し、非常に集中していた私。
なぜか質問がとてもよく聞き取れ
なぜか英語が口からスムースにでてきたのでした。

不思議だ・・・
人間の可能性はまだまだある。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

見ていてくださったのですね。嬉しいです。そしてコメントありがとうございました。
植物療法という入り口、ヨガという入り口、ホメオパシーという入り口、エコロジーという入り口、心理学という入り口…どこから入っても同じ所に行き着く。そう感じています。
プロフィール

松尾祥子

Author:松尾祥子
1994年オーストラリアで出会った精油。
自然の力や人間の未知なる力に魅せられ、現在は嗅覚の特殊性やイメージ・植物の生命力を活かしたアロマセラピー、大学院で学んだ臨床心理学、緑の薬箱といわれるハーブ療法、呼吸法・ヨガ・アーユルヴェーダを始めとする東洋の英知を活かして、個人セッションやグループセッション、教育や研究活動を行っています。

Aromatherapy月の香り主宰
 ㈱SAFARI代表
アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理学大学院修士課程卒業

SAFARIでは「活き活きと自分らしく生きる」ことをテーマに企業や学校での研修、メンタルヘルスワークショップ、自然の香りを使った情操教育やアロマセラピスト派遣を行っています。

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。