スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生理的早産である人間の赤ちゃん

骨盤から子供を産むための工夫として
人間は「小さく生んで大きく育てる」という戦略をとった。

赤ちゃんは人間として未完成の状態で生まれる。
まだ体内にいるべき状態「生理的早産」での出産。

そのために産後には「人工子宮」が必要になる。
お母さんの胸と手の間の空間。
これが「人工子宮」。

お母さんは教育も訓練も受けたこともないのに
「人工子宮」「母親」にならなくてはいけない。

1歳児の親子は母親1年生と子供1年生。

手探りの中、唯一学べるモデルとなるのは自分が育ってきた家庭。
自分とお母さんの関係性。

だから虐待を受けて育ったら、
家庭が安全基地としての役割を果たしていない環境だったら
それを再現してしまう。

「虐待する母親なんて信じられないよね~」
多くの人が批判を込めてそうコメントをする。
けれど、その母親を決して攻めることはできない。
なぜなら多くの場合、その母親も被害者だったから。

「虐待」という目に見える問題でなくても
価値観、基準、文化、小さな意識しないことまで
育った家庭、原家族の影響を受ける。

自分がどんな「枠」「しばり」があったのか
純粋に見ることで、新たな基準が生まれる。
その後に自分の心と語る。
そこで本当に自分の信念が出来上がる。
初めて自分基準で生きていける。
自分の足で生きる一歩となる。

カウンセリングは決して問題を抱えた人だけのものではない。
こうやって自分の本当の道を歩きたい人の助けにもなる。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

松尾祥子

Author:松尾祥子
1994年オーストラリアで出会った精油。
自然の力や人間の未知なる力に魅せられ、現在は嗅覚の特殊性やイメージ・植物の生命力を活かしたアロマセラピー、大学院で学んだ臨床心理学、緑の薬箱といわれるハーブ療法、呼吸法・ヨガ・アーユルヴェーダを始めとする東洋の英知を活かして、個人セッションやグループセッション、教育や研究活動を行っています。

Aromatherapy月の香り主宰
 ㈱SAFARI代表
アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理学大学院修士課程卒業

SAFARIでは「活き活きと自分らしく生きる」ことをテーマに企業や学校での研修、メンタルヘルスワークショップ、自然の香りを使った情操教育やアロマセラピスト派遣を行っています。

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。