スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマフェスタ

昨日はアロマフェスタ@国際フォーラム。

毎年のことですが
協会ブースの蒸留デモは人気高し。

レモングラスの精油と
芳香蒸留水。
採れたて…爽やかっ♪



例年と違うのは協会ブースに
東日本大震災のボランティア活動の写真。



写真の表情に
アロマテラピーの素晴らしさを感じジーンと胸に押し寄せるものがありました。

協会員であることを誇りに感ずる瞬間でした。

アロマテラピーの学校ブースには
宮川先生をはじめ、
皆さんが
許可を頂いてこちらに載せます♪
いつもありがとうございます。



懐かしい方
いつもお世話になっている方
新しい出会い。
いろいろな方との時間。
繋いでくれている植物の香り。

会員になって16年。
ありがたし。
スポンサーサイト

自然の一部として心身の健康を保つ

地球チームの一員として
自らの役割を果たす。

他のメンバーである
植物や動物、空、水、土、石などの
協力をもらいながら
自らの力を発揮する。

土台になる心身のバランスを保つ。
これにも他のメンバーの長所を活かして力を借りる。

ふと顔をあげると
協力してくれるメンバーはそこら中にいます。

ふと自分の中に耳を澄ますと
深い部分は
いま行く方向を
示しています。

お馬さんも♪

レッテルを貼るという整理と制限

「あなたは◯◯で、私は△△だもんねー」

お互いの個性や得意なこと、違いを表現するため日常でよく交わされる会話です。

曖昧なものを整理するために
物の特徴を際立てるために
分類すると安心します。

でもレッテルを貼ると
それが制限になってしまうという側面も持ちます。

相手が表現したのは、「その瞬間の相手が見たある側面」でしかない。
自分で思っている「こういう自分」も、「そう思った自分が過去にあった」ということだけ。

なので、周囲や自分のレッテルに捉われずに、今の自分が欲すること、良いと思うことを遠慮なく行動しましょう。


私は植物療法の心理的な面だけでなく、身体的な側面にも、スピリット的側面にも、もちろん興味いっぱいです。

美と浄化とパワー

空 風 水 緑そして光



大阪の環状線近辺のホテル。

決して自然が多い場所ではないけれど
ラウンジからはこんな朝の風景が。

都会の中の自然。
ビル中のバランス。

ちょっとした意識で
生きた人間を大事にした
環境が保てる。

いつの時代も人間のそばには水が空が風が植物が大地が光があります。

大阪の夜

今夜は大阪。

草間弥生さんの特別展示発見☆

「明日咲く花」



女性?おもしろい?楽しい?キュート?グロい?
うーん…個性的だ~

植物の力で



今日は曇天。
おもーい雲が気持ちまで重くさせがち。

そんな時は植物の力。

自宅のハーブをカットしてビニール袋に入れて持って来ました。

クリニックの殺風景なカウンセリングルームに「ゆらぎ」と「さわやかさ」が宿ります。

ローズマリー、ゼラニウム、ラベンダー。

ありがとう。

松山城より



今夜は四国。
松山にいます。

お仕事で何度か来ている松山ですが
今回、はじめて松山城に来ました。

何か大きな象徴的なものがあると
それによってつながった人は安定しますが
歴史に磨かれたこのお城が
松山の方々にとって
そんな役目を果たしているのかな…と
感じさせるところでした。

連峰や瀬戸内海が見え
とても落ち着く場所。

休みにはよく来ているという
地元のおじちゃまとなぜか
仲良く散策。

・・・これってもしや・・・ナンパ???

風邪は平熱に下がってからもゆっくり

野口整体の野口晴哉先生は
風邪は左右のアンバランスによって生じるもので
風邪をちゃんと経過させると
不均衡がリセットされる。

とおっしゃいます。

そのために治癒に役立つのは
足湯や脚湯。

確かに…脚が足が冷え冷え。
と治ってから気がついた。

知恵はあっても
風邪で苦しむ本人だと
使う元気がでない…

だから…
For Family…
ってしつこいので宣伝はやめます…

野口整体では平熱に戻ってから
ゆっくり休むように指示されます。

これは母の教えと一緒。
平熱に戻って学校に行こうとする私に
「まだ顔が黒いから、目が変だから休みなさい」と
よく言っていました。

野口整体も人間観察からの教え。
母親も子供観察からの言葉。

観察、実体験、経験は
統計で有意を表現するのとは異なる
質的研究の手法。

ここにはたくさんのリアルが存在します。

続きを読む

ワークライフバランス

毎年2月、3月は土日の仕事が多くなります。
その分お休みは平日に確保するように、スケジュールするようにしています。

メンタルヘルスをテーマに活動中。
ワークライフバランスは重要視しています。

楽しく働き
楽しく遊ぶ

とは言え、周囲がお休みでない平日は休みであっても東京の自宅ではあまりゆっくりできないのが実状…

…が日曜日、月曜日と連続のイベントを終えて、夕食を終えてから発熱。

風邪をひいてしまいました。

インフルエンザではないようで
1日で熱は下がりました。

おかげで久しぶりに自宅でパジャマで一日過ごしてゆっくりできました。

やはり風邪は「ありがたくない形で現れる有難いもの」です。

熱で苦しむ中、
ポカリ水や加湿器で看病してくれた家族の存在は本当に感謝。

ティートリーとレモン、マンダリンのブレンドオイルでトリートメントしてくれる、アロマセラピーを駆使してくれる人が家に居たらいいなーと思う私は欲張りですが、そんな環境のためにもSAFARI主催のaromatherapy For Family の講座を多くの人に受けて頂きたい!と思っています

春 雪解けの水

数日間、屋根に残っていた雪。
それが知らぬ間に溶けて
気が付けば雨水タンクには水がいっぱい。



雪解けの季節は
自然の中に
清涼な水が溢れだす。

寂しげだった12月の光は一転し
輝きだした1月。
2月には陽気を感じはじめる。

明日は立春。
暦のうえでは春がやってきます。

3月の春分の日に季節の移り変わりを
アーユルヴェーダ的に堪能したいと
企画していた清里ワークショップ。
準備期間の不足もあって
6,7月の頃に延期して企画中。

ご興味ある方はぜひお知らせください!


プロフィール

松尾祥子

Author:松尾祥子
1994年オーストラリアで出会った精油。
自然の力や人間の未知なる力に魅せられ、現在は嗅覚の特殊性やイメージ・植物の生命力を活かしたアロマセラピー、大学院で学んだ臨床心理学、緑の薬箱といわれるハーブ療法、呼吸法・ヨガ・アーユルヴェーダを始めとする東洋の英知を活かして、個人セッションやグループセッション、教育や研究活動を行っています。

Aromatherapy月の香り主宰
 ㈱SAFARI代表
アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理学大学院修士課程卒業

SAFARIでは「活き活きと自分らしく生きる」ことをテーマに企業や学校での研修、メンタルヘルスワークショップ、自然の香りを使った情操教育やアロマセラピスト派遣を行っています。

カレンダー(月別)
01 ≪│2012/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。