スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吹き抜け窓から名月


亀田選手も坂田選手もお疲れさまでした。

両選手は「何故戦わなければならないのだろう」とか考えないのか…と思いつつ、
熱くなって興奮している自分。

やはり人間は動物なんだ。
今日は眠れない…とふと見上げたら、名月が輝いていました。

月を何度も深呼吸。

アドレナリン放出の男性的な呼吸が静かな女性的呼吸に変わっていく。

自分の中にある、いろいろな面を感じる数時間でした。
スポンサーサイト

亀田大毅防衛戦

台風の嵐が去って、
ボクシングの嵐。

大毅選手、初防衛かけて
減量のつらさを乗り越え
闘います。

今日は残念ながら
会場には行けませんが…。
16時半からの番組、バースデーを観てから
夜はテレビで応援しますよ~〓

自然体験活動へのご協力者を募集中です♪

国や企業レベルでの
メンタルヘルス対策として
「予防」が重視されています。

私の予防策は
なんといっても「自然」に触れる時間をもつこと。

「自然」が山のなかのときもあれば
自転車で多摩川沿いに行くことも。
公園や近くの神社、畑、もっと身近な
家のハーブ園(?)の植物をカットして
部屋に飾るその瞬間も自然に触れる大事なひとときです。

自然の中に入り
自然の中にあるいろんな生物の要素を
その生命力に寄り添って
ふかーく呼吸。
簡単に揺する。
思うままに身体を動かす。
時には少し声を出す。

頭も身体もスッキリ。

だから自然体験活動を
健康に情操教育に役立たせること
応援しています。

ネイチャーゲーム協会が
自然体験活動とその効果測定に
協力してくれる方を募集しています。

詳細
(私が自然体験活動をしている写真も載っています~)

私も3日間の内
2日参加する予定。

よかったらご一緒しませんか?

卒業そして資格をとってスタート

またもや違うクラスでの卒業式。

10年アロマセラピーの講師をしています。
その間多くのクラスと出会ってきました。
2つとして同じクラスはありません。
その場にいる一人ひとりが違い
その瞬間がつくる『場』も異なる
クラスも授業も卒業式もまったく異なります。

昨日の最後の授業は
自然療法の役割
西洋医学との関わり
他自然療法とアロマセラピーのつながり
自然療法的生き方
これからいかにアロマセラピストとして活動をしていくか
自分の人生とアロマセラピー
がケーススタディと絡めて
自然発生的にディスカッションされました。

私も学ぶことが多い充実の時間でした。

ディスカッションで話されていたように
「これからがスタート」

新たな関係。
どうぞよろしくお願いします。

そしてライブディスカッションは
一人が全てのことを経験することができない。
だから多くの人の経験や感じていることから学ぶ。
何が正しいとかでなく
体験や意見、感覚をシェアしあう。

そんな場所が多くの「気づき」や「学び」、「勇気」を与えてくれるのです。

SAFARIの交流会は
そんな学びの場のために作られています。

次回は9月30日。
お申込みはお早めにいただければ助かります。

詳細

一緒にクラスを受けた仲間は宝です

アロマセラピスト養成クラスの卒業式。

仲間とクラスと自分と
自分がクラスに通える環境を作ってくれた人たちに
感謝の日です。

私がアロマセラピスト養成の学校を卒業したときも
心理大学院の修士号の卒業式も
嬉しさと不安感と寂しさが混じったような感じでした。

けれど卒業後同志として歩んできたアロマセラピストの
手島佐枝子さんも小山美紀さんも
同じクラスで学んだ仲間です。
二人のことは心から信頼していて
仕事の代行を安心して頼めます。

大学院の仲間は一緒に登山をしたり
仕事の相談にのってもらったり
勇気づけてくれたりしています。
東京から遠いところに居る仲間も
専門的なアドバイスをくれます。

卒業式は新たな関係のスタート。

いままでは講師と生徒。
これからはアロマセラピスト仲間。
よろしくお願い致します。

アロマアートセラピスト養成講座

今年3月から始まった
アロマアートセラピスト養成講座は
いよいよ終盤。

参加者の方々の
場に対しての積極的な参加のおかげで
充実した時間となっています。

この講座には宿題ワークが必ず出されます。

「なんのために、どんな事が起こるか?」は説明されず
とにかく「遊びだと思ってやってみる」ことが求められますので
無邪気に取り組んでいただけると
宿題ワークで気づきが得られ
次の回のシェアリングで気づきが得られ
講義で気づきが得られ…という
ホップステップジャンプ的な学びが得られます。

でも気づきが得られなくても焦らないでください。
その時はまた違った形で
違ったタイミングで学びが表れますし、
気づきが得られないと感じているという
学びは起きていることは事実です。

アロマアートセラピスト養成講座をしながら思うことは
「誰の中にも自分の中に偉大なる絶対なる英知が存在する」
「そしてそこにアクセスする手段を知ると
生き方が大きく変化する」
「それには年齢は全く関係ない」
「ある種のトレーニングでその技術を学べる」ということ。

心から参加者の皆様に感謝と敬意を感じています。

ありがとうございます。

自分のウリって?あなたのウリは?

アロマセラピストになったばかりの頃
アロマセラピストの見本は
オーストラリアで出会ったアロマセラピスト
アロマ学校の先生とサロンで一緒に働く仲間とでした。

見本を参考に「これがアロマセラピストなんだ」と
「アロマセラピストってこうでなくてはならない」と
自然に縛りを設けていたのかもしれません。

それから思考錯誤…
のびのびとやれる時と
勝手な縛りを自然と作ってしまうときと…
縛りは気がつかないうちに
忍び寄ってくる。
だから時々しっかり自分を見つめ直す。
見つめなおして
自分の立ち位置を確認する。

「自分のウリ」は
陰も陽もある等身大の自分の中に
存在する。

情報が溢れる現代、
しっかりこのウリを表現することが
プロには必要。

今月のSAFARI講習会&交流会は
「セルフブランディングのワークショップ」。

自分はどんな方向性に行きたいのか
自分は何をお客様に提供しているのか。
自分は何が好きなのか。

みんなでワークを行えば
さらに「自分」が客観的に際立ってくる。

一度立ち止まって
自分の人生の作戦会議、
やってみましょ。

9月30日(木)SAFARI講習会&交流会




夏祭りとスピリチュアリティ

先日、地球交響曲第7番をを鑑賞してきた。

私に多大な影響を与えた
統合医療の父、アンドルーワイルさん。
環境教育活動を推進し強く共感を覚える高野孝子さん。
そして40発もの鉛の銃弾を身体に抱えながら
ツールドフランスで再びチャンピオンとなったグレッグレモンさん。

凛と信念とともに突き進む人たちに
共感するひとつひとつの言葉に
何度か気持ちが高ぶった。

そして彼らは口にした。
「神々は自然のそこかしこに存在する」。

自然の中にいると
それが当たり前に感ずる。

夏祭り。
現代のシャーマニズム的
宗教儀式。
サムシンググレートを感じ
自然の一部であることが当たり前になる。

今週末は桜新町の「ねぶた祭り」。
今年は「アナゴさん」が来るそうで
アナゴさんを探せ!企画です。
アナゴさんですよ。
アナゴさん…顔、覚えていますか???

お祭りの前は
なんだかワクワクする。


都会の自然:ぶどう狩り

暑い…
大好きな夏休みが終わり9月になりましたが
暑いです。

今年の夏のイベントは
花火と野外ライブと最後は…
上高地、徳澤でキャンプ♪
…の予定が
夫が海外出張にて2か所の骨折と筋断裂、
顔や口中を20針を縫う大けがに見舞われ
自然の中でのキャンプは断念。

かわいそうな夫を責めることもできず
家でおとなしく
キャンプに行くはずの週末を過ごしていたら…

我が家から50mの畑で

moblog_ecfd6021.jpg

包帯を巻いた夫とともに
ご近所ぶどう狩り。

やはり都会にも自然がある。

味覚の秋。
間もなく…来るよね?

moblog_c85058ed.jpg
プロフィール

松尾祥子

Author:松尾祥子
1994年オーストラリアで出会った精油。
自然の力や人間の未知なる力に魅せられ、現在は嗅覚の特殊性やイメージ・植物の生命力を活かしたアロマセラピー、大学院で学んだ臨床心理学、緑の薬箱といわれるハーブ療法、呼吸法・ヨガ・アーユルヴェーダを始めとする東洋の英知を活かして、個人セッションやグループセッション、教育や研究活動を行っています。

Aromatherapy月の香り主宰
 ㈱SAFARI代表
アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理学大学院修士課程卒業

SAFARIでは「活き活きと自分らしく生きる」ことをテーマに企業や学校での研修、メンタルヘルスワークショップ、自然の香りを使った情操教育やアロマセラピスト派遣を行っています。

カレンダー(月別)
08 ≪│2010/09│≫ 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。