スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物が空に向かって伸びるように

「私の理想とする生活を描いた映画だったのよ~
ぜひ見てみて~」
と母に言われてDVDを観たのは数年前。

印象的だったのは

ランチの時にサンドイッチに入れる
ハーブを摘みにいくシーン。

ラベンダーの花の上に
洗濯したシーツを拡げて乾かすシーン。

「植物が空に向かって伸びようとするように
人も成長しようとする」と語るシーン。

そして自分で選択したと思った
「自然とともに生きる」
ライフスタイルは
母の影響を強く受けているのだと
改めて感じたことも印象的だった。

映画「西の魔女が死んだ」は
とても印象的な映画の一つ。

そのロケ地である
ハーブいっぱいのあの家が
私の山仲間とよく行く
キープ協会の「清泉寮」にあるとは…まったく知らなかった。

愛する映画と清泉寮と植物療法のイベントのお知らせが
届きました♪
素敵です。
私も顔を出すつもりです。

***************


西の魔女の植物療法フェア2010
~ロケ地・清里で西の魔女の「植物療法」をいろいろ体験してみよう!

■主催: 西の魔女の植物療法フェア実行委員会 
■共催: 財団法人キープ協会
■会場: 財団法人キープ協会のフィールド      
      (山梨県北杜市高根町清里 0551-48-2111)

「西の魔女が死んだ」と「植物療法」を愛する方へ!
 ロケ地が残る清里の地で、いろいろな植物療法を体験できるオムニバス企画。
自分の好きなプログラムを選んで、マイペースで参加できるフェアです。

【夏休み グリーンフラスコ 清里スペシャルショップOPEN】8/1~8/31
「西の魔女が死んだ」ロケ地が8/1~31まで公開され、おばあちゃんの家にグリーンフラスコ清里スペシャルショップが0pen。また、西の魔女・特別ワークショップやナイトツアーが行なわれます!

【秋の連休 植物療法フェア 10/9~10/11】
 10月9~11日の秋の連休には、3日間に渡って「西の魔女が死んだ」と「植物療法」にまつわる種々のワークショップとシンポジウム、そしておばあちゃんの家ナイトツアーを行ないます。
 ぜひ、秋の清里高原の澄んだ空気の中でお好きなプログラムをご体験下さい。

【ポール・ラッシュ祭(秋の収穫祭) 特別企画 10/16~10/17】
 キープ協会の秋の収穫祭であるポールラッシュ祭に合わせて、グリーンフラスコ清里スペシャルショップOPENとともに、西の魔女にまつわるワークショップ、シンポジウムを開催します。

詳細















スポンサーサイト

どんな仕事にも必要なブランド作り講座です

自分が運営サイドに立つと
よく分かるのですが
『これがウリ!』というのが
分かりやすい人は
仕事を頼みやすいものです。

カツマーとして知られる勝間さんも
「自分にしかできない仕事」をしなさいと言います。

では
自分はウリをしっかり周囲に伝えているか…と
自問すると

……

「何をやっているのか分かりにくい」
と言われることがよくあります。

(自分の中では一貫しているのですがね…)

これを解決する方策が
「セルフブランディング!!」

「あなたにお願いしたい!」
は職場でも
地域社会でも
自営業者でも
会社経営者でも
タレントさんでも必要なこと。

22日(木)13時~ 
「セルフブランディング」をテーマに
荻原哲也先生をお招きして
講習会が行われます。

絶対のチャンス!

アロマセラピストだけでなく
どんな方でも大歓迎です。

少人数のセミナーですので
定員になり次第締切とさせていただきます。

どうぞお早目にお申込みください。





「バラの谷苦境」報道と月の香りのバラ

moblog_346f85d2.jpg

今朝の朝日新聞に
「『バラの谷』苦境」とのタイトルを見つけた。

記事には
金融危機で需要が落ち込んでいること
天候不順や労働力不足で
生産量も落ちているとの報道。

さらに蒸留所の
フィリップさんが
「将来事業を縮小せざるを得ないときが来る」と。

この記事にも書かれている通り
バラ摘みはバラが芳香を放つ
早朝から昼まで行われ
正確に素早く摘むには熟練の腕が必要。

さらにバラ蒸留も
温度、圧力が真剣に管理されており
熟練の技が求められる。

さらにバラの生育環境に多大な影響を与える天候は
神のみぞ知る。

こうして出来上がった
バラ水とバラ精油が
いま私の手元に送られてきている。

そしてみごとな芳香。
力強い生命力を放つ。

需要が落ち込み
価格が落ちれば
産業は廃れる。

いつまでもバラの谷が
反映し続けますように。

毎年フェアトレードで応援しています。

今年の予約販売は終了ですが
来年の予約に興味がある方は
ご一報ください。

雨飾山

雨飾山。

深田久彌の日本百名山であり、
長野県北安曇郡小谷村と新潟県糸魚川市との県境にある、
標高1963.2メートルの山(Wikipediaより)。

ロマンチックな名前。
登山を教えてくれた母が大好きな山で
母の運営する
山を紹介するHPのタイトルにもしていた山。
少し遠いこと
アクセスに車が必要なことから
行きそびれていて
そういう意味で…ずっと憧れていた山の一つ。

そして…とうとう梅雨の晴れ間の土曜日。
山仲間たちと
登ってきました!

懐の深い
大きく受容的な山。
穏やかでピースフルな空間。
大きな大きな包容感。

しかし…前日の雨でぬかるんだ滑りやすい道。
急登の連続。

新居での恵まれた生活に
緩みきった心身には
かなりきつかった。

ヘトヘト。
バテバテ。

あと何キロ…でなく
今とにかく足を動かすことに集中して
なんとか下山。
「いま、ここ」に集中する重要性を
改めて体感。

早く温泉に浸かって眠りたーい。


鍛えていないと自分が大変な思いをするんだなー

そしていつものように下山後は
感覚が健康に鋭敏になる。
美味しいものが美味しくて
身体が本来の場所に戻った感覚。

よいお仕事
できそうです。


moblog_d79ba2c7.jpg

ブルガリアより「蒸留したてローズウォーター」到着

ブルガリアの太陽と穏やかな風をたっぷり浴びて育った
「蒸留したてオーガニックローズウォーター」が到着しました♪♪

今年は…「力強さ!」を感じる芳香です。

ご予約注文の方に
順次配送させてもらっておりますので
もうしばらくお待ちくださいね。

そしてお引き取りにいらしたお客様方から
早速お喜びのメールが…

「このバラ水に出会ったら
他のものは使えません!」
「毎年ありがとう!」…

本当にうれしい瞬間。
あまり宣伝していなかったけど
最近はお勧めしはじめているのは
このような声を聞きはじめたから。

ご一緒にフェアトレード。
ブルガリアの皆さんにも伝えます♪
これも植物がつなげてくれた優しいご縁。
ご協力くださって
ありがとうございます。




プロフィール

松尾祥子

Author:松尾祥子
1994年オーストラリアで出会った精油。
自然の力や人間の未知なる力に魅せられ、現在は嗅覚の特殊性やイメージ・植物の生命力を活かしたアロマセラピー、大学院で学んだ臨床心理学、緑の薬箱といわれるハーブ療法、呼吸法・ヨガ・アーユルヴェーダを始めとする東洋の英知を活かして、個人セッションやグループセッション、教育や研究活動を行っています。

Aromatherapy月の香り主宰
 ㈱SAFARI代表
アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理学大学院修士課程卒業

SAFARIでは「活き活きと自分らしく生きる」ことをテーマに企業や学校での研修、メンタルヘルスワークショップ、自然の香りを使った情操教育やアロマセラピスト派遣を行っています。

カレンダー(月別)
06 ≪│2010/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。