スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筑波山 ガマの油

秋晴れが続いた先週。
こんなときは・・・

「山行きたいっ!」

想いを同じくして集まった山仲間と
百名山ではもっとも標高の低い
筑波山へ。

頂上からは富士山をはじめ
関東平野を一望できる眺めのよさ・・・のはずが
あいにくの曇り。
風がふく寒い頂上で
あったかいコーヒーとけんちん汁をいただきました。

男体山&女体山のツイン峰。
奇岩の連続する登山道は
秋のハイキングにはぴったりの穏やかな空気。
霊峰らしい凛とした空気もあって
(つつじガ丘登山口のあたりは俗っぽい「ランド」になっているけれど)
首都圏ハイキングにはお勧めです。

筑波山はガマの油で有名。

「ガマを四面鏡ばりの箱に入れるときは、ガマはおのが姿の鏡に映るを見て驚き、ターラリターラリと油汗を流す、これをすきとり柳の小枝にて三七 二十一日間、トローリトローリと煮つめましたるがこのガマの油。このガマの油の効能は、ひびにあかぎれ、しもやけの妙薬、まだある 大の男の七転八倒する虫歯の痛みもぴたりと止る、まだある出痔いぼ痔、 はしり痔、はれもの一切、そればかりか刃物の切味を止める。・・・・」
(出典:http://www.tsukubasan.co.jp/sight/main5.htm)

ガマの油汗??しかも万能薬!

これは興味深い!・・・とばかりに
土産物屋で売られている「ガマ油」の成分を見てみると
それぞれ違った処方で作られている様子。

アジアヒキガエルやヘリグロヒキガエルの
耳腺分泌物を集め乾燥させたものは蟾酥(せんそ)と
呼ばれる生薬。(参考:Wikipedia「蟾酥(せんそ)」)
それが使用されているわけではなく、
同様に生薬である植物の「ガマ」が使用されているものもなくてちょっとがっかり。

ラノリン・ワセリン・スクワランといった油脂分に
ハッカ油が入ったものもあったりして、
ペパーミント精油をブレンドしたアロマオイルが想像されました。

帰り道、ダチョウ王国に寄って
ダチョウ肉とやらに接し、
なんとも複雑な気分。

食文化は小さい頃から親しんできた
先入観をなかなか超えられない。
牛や豚、鶏はよくて、
なぜダチョウだと躊躇するのか??

元来、好奇心は旺盛なつもり。
けれど、マンガ「ブッダ」を読み進めている現在だけに
どうしても肉を買ってかえることができませんでした・・・

20091026121012.jpg










スポンサーサイト

「夢の解釈は無意識へと至る王道である」byフロイト

普段は意識にのぼらない無意識の領域。

普段私達が「こころ」で思っていることは
意識の世界でのこと。
でもその下には広大な無意識が存在していて
普段の思考や感情、行動に
強く影響を与えている・・・

無意識は精神分析の父、フロイトが発見した概念で
そしてその自己の無意識層の理解に「夢」は
古くから重要視されてきた。

現実世界で気になっていることが
そのまま表現されている夢。
日常の行動の補償的な夢。
たとえば、上手にできなかった講義のあとに
夢では理想的に講義を終えたりすることがある。

いろいろあるけれど
今日の夢はいったい???と思うほど
場面転換が唐突で
意味が分かりにく夢もある。

そんな象徴性の高い夢は
自分の無意識がなんらかのメッセージを
自分自身に送っている可能性がある。

お世話になった高橋克郎先生や
いままでの私に大きく影響を与えてきたアロマセラピストの先輩方や仲間、
生徒さん、水の中での得たい知れないヨット風の乗り物、
母親や夫などが昨夜の夢に登場してきた。

全然関連性がない。
不思議な夢。

だからこそ、その象徴的意味を
意識を鈍らせて、少し頭をぼんやりさせて
ハートに聞く時間をもってみる。

すると・・・

あーぁ。
そうだったのか・・・
私はこう思い込んでいたけれど
本心の部分では・・・
という目からうろこ的
大きな気づきが訪れる。

あーぁ。

気づきは自分の中で
ストンと腑に落ちる。

夢の解釈があたっているかどうかでなく
その「ストン」という感覚が
何から引き起こされたか。

それが重要なのです。

自分の内なる力に感謝。

同窓会@アロマテラピーの学校

アロマテラピーがお仕事になり始めたころから
憧れていた、中野にある
「アロマテラピーの学校」。

講師としてご縁があるようになって
数年が経ちます。

ご縁があるようになっても
「素敵だな」という想いはまったく変わらず、
それどころか、自分が所属しているにも関わらず
「尊敬の念」がドンドン増しています。

宮川先生、中安先生、そして支えているスタッフの方々一人ひとりに
味がある・・・うーん。深い。

そんなアロマテラピーの学校が20周年を迎えるにあたって
11月25日(水)に同窓会を行います。

私も多くの懐かしい顔や支えてくれている生徒さんに会いたい!!
ぜひ参加しよう・・・と思っているのですが
仕事の予定がすでに・・・・・・

なんらかの形で参加している
そう思いたいのでこうして自分のブログにて宣伝いたします。

アロマテラピーの学校卒業生、在校生の方。
以下に詳細書かれています♪
http://www.aroma.gr.jp/dousoukai/index.html




香育シンポジウム@AEAJ主催

「香りで育む子どものこころ」と題した
香育(香りの教育)シンポジウムが
11月8日13時から一橋記念講堂で行われます。

ゲスト講演は
明治大学教授で教育学やコミュニケーション技法の専門家、
「身体感覚を取り戻す」「コミュニケーション力」などの著書がある
斎藤孝先生。


香りで行う情操教育は
SAFARIでの重要な活動の一つ。

専門学校でのホスピタリティマインドやコミュニケーション能力を養う教育は
約10年前にスタートしました。

看護師の卵さんへのおもいやりの心を育むための授業、
また私立の小学校での情操教育の一環としての授業、
正直、手さぐりの中進めてきました。

そして「自然の香り」と「ふれあい」が
大きな教育的成果をもたらすことの
確信はどんどん増しています。

香育の可能性を探るシンポジウム。

定員500名の参加費無料。

お申し込みは社)日本アロマ環境協会 AEAJ公式サイトから。
12日付けの朝日新聞にも広告が出ています。

頑張れ!亀田大毅世界戦

先日、ボクサーのトレーニングや試合に対する姿勢、計量前の苦しみなど、人生すべてを賭けたアスリートの、リングに上がる前の裏の努力を耳にして、泣いてしまった。

絶対に勝ち負けがある格闘技。

だからどちらかは、その苦しみが悔し涙に変わるのだけれど…頑張れ!亀田大毅選手。

協会の運営

協会の運営のための会議については
基本的に気軽にこういった場で書くことができません。

でもたった一つだけ・・・書いてしまうと、
社団法人日本アロマ環境協会で
運営のための会議に出ていて思うことは…
「みんな本当に一生懸命で熱い人たちの集まりだ」ということ。

一人の個人会員のときにはまったく知らなかった事務局や委員会の苦労。
委員のときには知らなかった理事の熱い思い。

このことを多くの会員の方たちに知ってもらいたいと
最近思っています。

環境カオリスタと(社)日本アロマ環境協会の広告

今朝の朝日新聞に
カラーで大きく広告が。

環境カオリスタの地球が植物でいっぱいの写真。

そして社団法人日本アロマ環境協会。

植物に感謝して
環境に対する正しい知識を有し
共生意識をもって生きる。

まさにホリスティックアロマテラピーを大事にしている
協会に相応しい活動。

20091001190356


全国のかおりさん募集!
企画もやっていますので
「かおり」にまつわる名前を有する方は
ぜひアロマ環境協会のHPにアクセスしてみてください~
プロフィール

松尾祥子

Author:松尾祥子
1994年オーストラリアで出会った精油。
自然の力や人間の未知なる力に魅せられ、現在は嗅覚の特殊性やイメージ・植物の生命力を活かしたアロマセラピー、大学院で学んだ臨床心理学、緑の薬箱といわれるハーブ療法、呼吸法・ヨガ・アーユルヴェーダを始めとする東洋の英知を活かして、個人セッションやグループセッション、教育や研究活動を行っています。

Aromatherapy月の香り主宰
 ㈱SAFARI代表
アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理学大学院修士課程卒業

SAFARIでは「活き活きと自分らしく生きる」ことをテーマに企業や学校での研修、メンタルヘルスワークショップ、自然の香りを使った情操教育やアロマセラピスト派遣を行っています。

カレンダー(月別)
09 ≪│2009/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。