スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康心理学

緩和ケアやがんの予防としての心理療法の研究などを行っている先生の授業。
タイトルは健康心理学について。

健康心理学 - 国語辞典(大辞林)
  心身の健康の維持増進を目指して研究や相談活動を行う心理学の応用分野

健康心理学
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%A5%E5%BA%B7%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6

身体的な健康を守るための病気の予防のための生理学や栄養学的な知識とともに
生活習慣を変えることを奨励していく
心理学的サポート要素コーチング的スキルが求められる。

アロマセラピストはこの分野で活躍できる存在。
実際ここ数年大きく貢献しているのに
なかなか実際を社会に理解されていないもどかしさ。

社会に理解してもらいましょう。
しっかり世に発信していきましょう。
アメリカでは発信することにチャレンジすることの重要性を強く学びます。
そのチャレンジが失敗でもしっかり評価されるのが
この国のよいところだと感じます。

DSCN0486.jpg








スポンサーサイト

神経心理学と海馬

サンフランシスコにて
毎日とても素敵な心理学博士から授業を受けて
かなり刺激を受け
CSPPという大学院に入って本当によかったと感じています。

心理学の世界もドンドン新しい分野が広がっていて
私のやりたい分野の研究も進んでいるようです。

今日は非常に興味のある
健康心理学と神経心理学について。

神経心理学では被虐待児の脳の海馬萎縮や慢性的なストレス環境の脳に与える影響について。

通常の授業では被虐待児は海馬が萎縮します・・・で終わることが多いけど
「経験が身体に影響を及ぼすということは、よい経験やトレーニングも脳に影響を及ぼすということ。
セラピーは脳に影響を与え、強いてはその人の生き方に影響を与える」と先生は話されました。

授業後に先生をつかまえて
嗅覚システムの大脳辺縁系とのつながりから
アロマセラピーの海馬萎縮への有効性についてご意見を伺ったところ
「とても興味深いテーマだ」と言っていただけました。

まだまだ未知の可能性は拡がっています。

健康心理学については後日。
こちらの授業後も興奮してしまいました。





SF日記1:時差ボケ解消のヨガ

サンフランシスコ初日は20日。
飛行機の関係で大学院仲間より早く到着。
一人でエアポート近辺のホテルに昼から滞在することになったので
スターバックスで無料接続してブログやメールをと思っていたら
うまく接続できずPCはお休み。

これほどまでにまずい中華はないだろうというほど
まずい焼きそばとチャーハンを食べて
今回の研修指定図書を読みつつコーヒーを飲んだりして過ごしていたら
ビクラムヨガのスタジオを見つけた。

昼に到着して時差ボケでなんとなくふらふら。

こんなときには「ヨガ」!ということで
地元の人たちとHOTヨガに参加した。
16時半からの90分。
総勢25人以上の参加者は
人種も性別も多種多様。

みんなのびのびと気持ちよさそうに
ヨガを楽しんでいました。

「時差ボケのためにヨガに来ました」とインストラクターにお話したら
「祥子はとてもスマートね!!!」と褒められてご満悦。

心身管理の術は一応たくさん引き出しに入っていますとも。
翌日の朝は時差ボケも肩こりもなくすっきり起床。
21日~23日まではヨセミテ国立公園。

エアポートホテル

コミュニティ心理学

只今、サンフランシスコにてCSPP大学院の最後の授業を受けています。
内容はコミュニティー心理学。

人は個人というボディ・マインド・スピリットをもった
小宇宙的存在であると同時に
その周囲の環境、家族や友人、隣人、社会、国家など
取り巻く環境を含めた存在であるという視点を重要視した心理学。

一人の人の心の障害を
個人の中だけでなく取り巻く環境を含めて考慮し
問題を社会的視点で考えたり
社会を個人を支える資源として考える。

私がアロマを通してやりたかったことは日本というコミュニティが幸福になることだったと
飛行機の中で教科書となる書籍を読みつつワクワクとエキサイティングし始めた。

大学院の受験の際に書いた内容は日本のGHPについて。
GHPとは国民がどれだけ幸福かを表す指標で
ブータンは国家をあげてGNP(国民総生産)という経済指標ではなく、
GHP(国民総幸福)を指標とする独自の開発を目指しているらしい。

コミュニティ心理学の臨床家には開拓精神が求められている。

SAFARIの活動の推進力となるエネルギーと知恵をしっかり吸収して帰りたい。



秋の気配

いよいよ夏が終わり
秋に一歩足を踏み入れたような気配。

りんりんりん・・・と
夜風の中、虫が鳴き始めました。

そして私にとって
今夏の大イベントだった
サザンの30周年ライブ。

昨日、雨の日産スタジアムで
踊って歌って涙して・・・・。

いままでのライブではあまり聴かない
けれど一曲一曲に様々な思い出が詰まっているサザンの曲。
そしてせつなくしっとり、そしてGOGO!とノリノリのいつもの曲。
私の中の夏も、これで終わり。

お盆休みも終わって今日から徐々にお仕事復帰。

秋は実りの季節。
SAFARIにも私にも皆様にも
素敵な実りがありますように。

今日のお風呂に入れる精油は
夏に活躍したスッキリ系の
カンキツ系+ニアウり油やティートリー油などのフトモモ科ブレンドから
少し深みのあるサンダルウッド油+プチグレン油などに変えてみて
香りをしっかり身体中に送り込みつつ
ゆっくりと湯船で浮かんだり沈んだりしてみよう。





残暑お見舞い申し上げます

北島選手、祝金獲得!

ゴール後の涙のコメントには
こちらも思わず涙ぐみました。

追われる身になりつつも
しっかり先を見続け、結果を出す。

アスリートの精神には学ぶところが多いです。
熱いアスリートの魂。

そして熱い熱い北京ですが
東京は立秋をすぎ暑さにも勢いがなくなってきました。

これでもかと照りつける太陽の時期はほんのひととき。
あっという間に燃え尽きてしまう夏。
一つまた一つと夏のイベントが終わり
風が変化してくると
夏の終わりの物悲しさが感じられます。

イランイラン精油のような奔放な熱情が
杉の木のお香の落ち着きに変化していく。

夏の大イベントの一つ。
昨年から大ファンになっている鎌倉の花火大会。
朝から場所取りをしてくれているお友達のおかげで
昨夜は素敵な一夜となりました。


鎌倉水中花火







北京オリンピックとアロマセラピー

オリンピックが北京で始まりました。

クルーとしてフライトしていた頃。
10年以上前の北京ステイといえば・・・

今でもよだれが出る北京ダック
1000円程度の指圧マッサージ
壮大な天安門
押し寄せる自転車
シルクのパジャマ
やせるお茶
やせる石鹸・・・

現在はすっかり様変わりでしょうか?

政治的にはさまざまなことが言われている北京オリンピック。
4年に1回の各国が集まって行われるスポーツという健全な祭典。

一生をかけて自分と戦うアスリート。
自分の弱さとしっかり向き合いつつ
未知なる世界を求め続ける姿勢には心が動かされます。

「ベンチャー企業とはまだ暗いうちに出発する登山のようなものだ。
一般のエリート層が『無理に決まっている』と傍観している世界に入って
必死に登っていく。それはとてもエネルギーのいることだけれど、一度気が付いた社会の問題は
進むことでしか解決しない」
朝日新聞に載っていたイーモバイルの社長さんの言葉。

自然の輝きである芳香を通して心地よい、美しい環境をつくる。
嗅覚と触覚で動物としての本来備わっている生きる力を取り戻す。

まだまだ手探りですが
アスリートたちの姿勢を見習って
時にはへこたれても
失敗から多くを学んで
一歩づつ進みたいと思います。





第3期アロマセラピストのための心理ワーク講座

アロマセラピストのための心理ワーク講座
第3期も今日で3日目。
暑い暑い夏の一日ですが
精油のイメージを使って
トリートメントも含めたセラピー効果を向上させるための方法について
話しました。

トリートメントの授業で
「波が打ち寄せるリズムを大事に」と私はいつも生徒さんに言います。
クライアントさんの呼吸のリズムに同調してから
波のリズムでトリートメントを行いはじめると
クライアントさんのリズムが波のリズムに同調し始めます。
そして呼吸はゆっくり。肩の力が自然と抜けてきます。

その際弛緩を強めるイメージを使用すると
緩みは強化されます。
さらに精油のもつキャラクターでイメージの強化を行うと
セラピー効果は高まります。

精油の作用を知っている人のほうが
知らない人より
アロマセラピーに効果を感ずるという論文を見つけました。

ポジティブな意味でのプラシーボ効果。
自己暗示。イメージの持つ力。
自分の中に宿る力を最大限に発揮するために。

自分の中に宿る内なる力を発揮する。
私にとってとても興味がある分野です。

惜しみなく持てる力を発揮すること

大学院最終課程としてサンフランシスコ研修がやってきます。

CSPPの日本での開校を実現させた方の一人、
西尾和美先生は個人資産を投じて
サンフランシスコ研修に関わる資金を援助する
奨学金制度を設けてくださっています。
そしてその恩恵を受けさせていただくことが今朝決定しました。
本当にありがたい。
先生にも学校にも心から感謝です。

自分の持てる力を惜しみなく人のために費やす。

カリスマ的な魅力を持つ方は
当たり前に自分の力を周囲のために費やします。

西尾先生は心理学界では
カリスマ的な人気のある先生です。

そしてアロマテラピー業界での
カリスマ的人気を誇る先生として
マザーズオフィスの
宮川明子先生がいらっしゃいます。

宮川先生も自分の力を惜しみなく周囲に費やす方。

偶然にも大学院の学友が
先生のご自宅に居候することになり
またもや先生の人脈と
懐の深さを感じました。

中学校のバスケットボール部の顧問だった
若い女性の先生が
卒業のときに私のサイン帳に書いてくれた言葉。

力のある人は惜しみなくその力を使ってこそ価値があるのです。

私も今持てる力を惜しみなく使い
諸先輩方から頂いた大事な物を
しっかり後に引き継いで、循環させるということを
見習っていきたいと
今朝、奨学金の朗報をもらって強く思いました。


夏休みの親子講座:アロマとハーブの時間

SAFARIでは情操教育の一環として
普段重要視されることの少ない
嗅覚と触覚刺激を通じたワークを行っています。

今回は夏休み特別企画と題し、
ハーブとアロマの先生である
羽鳥冬子先生をお呼びして、
桜新町のヨガスタジオにて自然の芳香をつけた石鹸作りと
身近なものを使ってのハーブサシェ(匂い袋)作りを行います。

子供の自由研究に
親子で何かを作成することを楽しむために
自然のものを生活に取り入れる方法をまなぶために
素敵な先生に会うために・・・・
それぞれの目的で楽しいひとときを過ごせればと思っています。

親子参加でも
一人参加でも
大歓迎!

詳細はSAFARI HPにあります。
皆様の参加を心よりお待ち申し上げます☆
http://aroma-safari.com/koushu_oyako.html


プロフィール

松尾祥子

Author:松尾祥子
1994年オーストラリアで出会った精油。
自然の力や人間の未知なる力に魅せられ、現在は嗅覚の特殊性やイメージ・植物の生命力を活かしたアロマセラピー、大学院で学んだ臨床心理学、緑の薬箱といわれるハーブ療法、呼吸法・ヨガ・アーユルヴェーダを始めとする東洋の英知を活かして、個人セッションやグループセッション、教育や研究活動を行っています。

Aromatherapy月の香り主宰
 ㈱SAFARI代表
アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理学大学院修士課程卒業

SAFARIでは「活き活きと自分らしく生きる」ことをテーマに企業や学校での研修、メンタルヘルスワークショップ、自然の香りを使った情操教育やアロマセラピスト派遣を行っています。

カレンダー(月別)
07 ≪│2008/08│≫ 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。