スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院での精油の濃度と選び方

某大学病院での心理実習にて
アロマセラピーを用いていて感じていることがあります。

それは外気の入らない閉ざされた空間の中では
とにかく精油濃度は薄くする必要があるということ。
入院中の子供はとくに敏感です。
0.1%程度での柑橘系の香りでも「きつい」こともあります。

そしてオイルトリートメントになれていない患者さんは
手がオイルまみれになることを
不安に思います。

さらにベッドの上で
人に「何かをされること」が多い患者さんたちは
「トリートメントをされる」ことを煩わしく思うこともあります。

「退院したらやりたいことは?」と聞くと
多くの方が「仕事」と答えます。

「受ける」というシチュエーションの多い患者さんたち。
「出す」「表現する」「何かをやってあげる」ということのほうが
もしかしたら必要なのかもしれない。

そんなとき、思ったのです。

比較的元気な入院患者さんたちが
ハンドマッサージを学んで
安全性をふまえた上、
そしてもちろん意志を確認した上で
隣の患者さんにやってあげる。
病院スタッフにやってあげる。

そしてオイルが嫌な方には
非常に薄くした精油を使って
呼吸法を行う。
森林の中での気功をイメージする。

QOLの向上に
そして病気の回復に効果的ではないでしょうか。

スポンサーサイト

SAFARI HPとメールが復旧しました

ご迷惑をおかけしましたが
HPとメールが復旧しました。

下記期間にメールを「@aroma-safari.com」に頂いた方
大変申し訳ございません。
やっと受け取れる状態になりましたので
ご再送いただけますでしょうか。

該当期間:2008年2月23日(19時以降~)26日(~20時まで)

お忙しいところ恐れ入りますが
どうぞよろしく申し上げます。

SAFARI 3月6日の講習会&交流会のお知らせ

「植物を感じよう~植物の育て方」
精油を深めるseries‐第1弾


アロマセラピスト、アロマセラピーインストラクターは精油を扱う専門家。
精油を多角的に捉えるためには植物を知らなくてはなりません。
まずは実体験。いろんな表情を感じるため。
早速、植物を育てましょう。

新しい植物との出会いをしたい方、植物を育てるのにいつも失敗してしまう方、
春だし、芽吹きの季節だし、とにかく植物に接してみたい方。

キャリアの横にはいつも植物への深い愛情がある、
そしてイランイランを育てて越冬させる、
アロマセラピストの手島佐枝子先生をお呼びしての講習会。
私たちもとても楽しみにしています。


講師:手島佐枝子 先生

1996年よりハーブショップのショップスタッフ、1999年より
アロマテラピーサロン・スクールのアロマセラピスト・インストラクターとしての勤務を経て、
2002年より“Frangipani(フランジパニ)”を拠点に個人活動を始める。
「循環」と「調和」を活動のベースとして、
アロマテラピーのセッション(アロマテラピートリートメント、エネルギーワーク)や講師活動、
執筆活動などを通して、「Body(肉体).Mind(心・精神).Sprit(魂・霊性)の調和」をテーマに
日々の生活の質をさらに向上させるご提案やお手伝いができるよう
創造的な活動を実現することを目標としている。
著書 「自然素材でつくる ナチュラルスキンケア」 東京堂出版

(社)日本アロマ環境協会認定 アロマセラピスト
アロマテラピーインストラクター
米国クリアサイト認定 ヒーラー
クレアボヤント
日本大学農獣医学部※ 農芸化学化卒
※現 日本大学生物資源科学部


「循環」と「調和」を活動のベースとして、
アロマテラピーのセッション(アロマテラピートリートメント、エネルギーワーク)や
講師活動、執筆活動などを行うことで、
「Body(肉体).Mind(心・精神).Sprit(魂・霊性)の調和」をテーマに
日々の生活の質をさらに向上させるご提案やお手伝いができるよう
創造的な活動を実現することを目標としている。

手島佐枝子先生より
「1滴1滴の貴重で尊いアロマテラピーの精油は地球からの贈り物。
長い時間をかけてつくられたパワフルな植物のエネルギーに満ちた
香りに触れるということは、その奥にある植物の存在に触れることへとつながっていきます。
植物は私たちの無限の可能性を引き出すことに大きく影響する感性を
さらに開き、自己の成長にまで大きな影響を与えてくれるはず。
そんな素敵な植物の世界の扉を参加してくださる皆さんと
一緒に開いてみたいと思います。」




2008年3月6日(木)

開催場所:白金台
(お申込み確定時にお知らせします)
費用:両方参加 4000円(講習会:3000円、交流会:1500円)

13:00~14:30
<<講習会>>


14:45~16:00
<<アロマセラピスト交流会>>

フリーのアロマセラピストとして活躍される手島先生も参加されます。


参加申込先
yharada@aroma-safari.com

視力回復のための鍼灸とオステオパシー

視力回復のため
日曜日に、2回目の鍼灸とオステオパシーによる治療。

視力回復のためでも
やはり身体全体を健康にする必要がある。
部分は全体。
身体全体を意識した働きかけをする。

前回は激しい反応があったけど今回は…

先生は前回の反応をしっかり配慮してくれ
今回は激しい反応などなく
夜はなんとなくぼんやりしていたけれど
翌朝は快調

そして今日は身体が軽い。

さらに身体の左右バランスに変化を感じる。

こんなときは散歩散歩…と
朝起きて、
アロマテラピーの学校の提唱する
「本能散歩」に出かけた。

身体が軽いこともあって
走り出す。
そして踊りたい気分。

木の下でいつものように
気功的呼吸法を行い、
簡単に踊ってみた。

…といっても
盆踊りに毛が生えたようなもので
本人だけがバレリーナのように踊っているつもり。

でもとても気持ちよい。

心身相関。

鍼は自分のなかで
まだまだちょっと不安感がぬぐえないけれど
先生のオステオパシーは
かなり気持ちよく
身体への効果も高いと感じます。

自分自身の身体をケアしてもらうのは久しぶり。
重要です。





JAKE SHIMABUKURO 一期一会コンサートツアー

先週に引き続き夫と音楽ライブに出かけた。

今夜はホノルル生まれの
ジェイクシマブクロさんのウクレレ

ハワイでは何度も聞いていたウクレレの音色。
けれどライブ1曲目から
「ウクレレってこんな多彩な色を持った楽器だったんだ…」とびっくりした。

ものがなしく
やさしく
たのしく
ほがらかで
美しい

感性豊かに
自由に繰り広げる
日本の名曲の数々。

様々な食材を
一挺の包丁で応じていく食の達人のように
1つのウクレレに様々な感情をのせていく。

すごいです。

1曲目から涙がでました。

中盤には杏里さんがゲスト出演し
オリビアを聴きながらを
ジェイクさんのウクレレ伴奏で歌うというサプライズもあって
Love & Peace の素敵な晩。

今度はホノルルか沖縄での
野外ライブを堪能できたらいいな~

20080224050725.jpg




視力回復を目指して鍼灸を体験

友人の友人は視力回復を専門にした鍼灸師さん。

レーシックも考えている
ド近眼の私。
客室乗務員になるために視力回復センターに通っていたときは
0.03が0.07になるのに3ヶ月かかりました。

なので代替療法で治るなら…と兼ねてから興味があったのですが
なかなか予約のタイミングにならず。
けれど昨日,友人が「連れて行くよ~」というので
突然Aromatherapy 月の香りのベッドにて施術してもらうことに。

まずは脊椎を触れつつ気になるところをチェック。
その後、鍼灸と身体を整えるワーク。

鍼をちゃんと受けるのは初めてで
少し恐怖感があったけど
なんともいえない「ずん」と入る感覚が
最後のほうは癖になりそうに。

1時間ほどやって
一緒にお茶を飲んで
先生はお帰りに。

するとだんだん唾に苦味が。
続いて悪寒と吐き気、頭痛といった風邪の症状…
急ぎの仕事だけ終えて
夕方から布団にはいってひたすら眠りました。

今朝は…少しだるさが残るものの、
首が伸びる感じ。
肩の力が抜けていて
ちょっと不思議な感覚。

力が入っている状態で
恒常性を保っていた私の身体が
新しい感覚を得て
戸惑っている様子。
 
新たな身体感覚は
少しの不安と
ワクワクする感じ。
 
どんな変化にも
不安とワクワクが共存します。


太陽が魚座に入りました

朝のJ-waveにてスターマンが一言。
「今日、19日。太陽が魚座に入りました♪」
そしてスターマンも魚座だそうで
パーソナリティの方が色っぽく
「おめでと~」というと
スターマンはとても嬉しそうでした。

実は私も魚座です。

魚座を検索してみると…

- 双魚宮(Pisces, ピスケス)
水の宮(クール、モイスト)、変動宮、女性格
キーワードは「我は信ずる」。性質は、創造力の豊かさ、敏感さ、情け深さ、理想主義的、スピリチュアルなど。場合によっては、現実逃避、怠惰、注意散漫などに結びつく。

日曜日に大学院で行った心理テスト〔MMPI〕でも
「あたってる~!!」と大喜びした私ですが、
こうして改めてみてみると
やはり占星術は非科学だから意味はない!
とは否定できない気がします。

ユングも占星術を重んじました。

実は1月の末から2週間弱
非常に辛い時期を過ごした私。
向き合うのはつらいけど
逃げたらそこから宝は生まれない。

いつもそばで支えてくれる夫は
2週間の海外出張中。
…かといってごまかして友人と遊ぶ気にもならず
しっかり自分の現状と向き合いました。

そしてやっと抜けた現在。
大きな宝物を得ました。

この経験があるからこそ
私は「苦しいことに向き合い、自分の奥底から英知を得る」ときに一緒に歩ける
セラピストでいたいと思うのです。

先程サイト検索していたら
魚座さんの2月の前半の運勢に
このようなことが記載されているサイトを見つけました。

「2月:この半月は、1年の大掃除をする時期です。
勉強や仕事などの宿題といった目に見えるものから、
心の中に溜まっている目に見えない想いまで、全て一度手放して。」

魚座のみなさんはいかがでしたか??

この記述自体が
魚座らしい文章??ですかね~??






ホメオパシーとバート・バカラック

今日はハーネマンアカデミー一日体験講座。

一緒にホメオパシーを学んだ学友と
朝10時から参加し
永松学長のお話を拝聴した。

常に真髄を見つめる学長のお話は
いつもとても惹きつけられる。
人間とは宇宙とは病とは治癒とは何なのか。

Art&Science。

人間の自然に通ずること、
レメディは覚えるのでなく質感を感ずること、
偏見から可能な限り遠ざかること、
そのためには自分のフィルターの存在を自覚し
それをしっかり磨くこと、
病はありがたくない形で現れるありがたいものであること…

多くの輝く言葉で
私の感性が刺激され、自然とワクワクしている自分を感ずる。

午後は永松幸和先生の
四大元素と四体液質、さらに陰陽と季節を盛り込んだ、
万物を見る上で大変興味深いお話と、
様々な様相を呈する、
ナポレオン・ボナパルトの写真やイメージ、曲。
これまた一人の人間を見るうえで
人は一つのキャラクターでは
語れないということを実感する。

これはレメディや精油も同様。
多角的にどれだけ質感でとらえるか。
これが本当に重要で
できるだけいろいろな表情を感ずるべく
たくさん精油に触れることを
いつも生徒さんにお話しています。

昼食後は女王蜂をイメージした
バリ舞踊も繰り広げられて
大変有意義な一日でした。

ハーネマンアカデミーの先生方は
本当に素敵な方々です。

そして夕刻は
夫とバート・バカラックコンサートへ。

大好きなClose to youなどを作曲した
非常に有名な方の来日記念フルオーケストラコンサート。

スプマンテで少し酔い気味の中、
巨匠の指揮やピアノの演奏で
気持ちのよい音楽が奏でられ、
うっとりと夢心地・・・

感性の世界に身を置く喜び。
春は美の神アプロディーテの季節です。

20080216204435.jpg

BLOGの不具合があり

12日にBlog運営会社に不具合が生じたとのこと。

そのため一時サイトにつながらなかったようです。
見てくださったかた、ご迷惑をおかけしました。

そして、その後写真の修復ができなかったとの連絡が…

バックアップなんてとっていなかった私。
今朝、必死でアップしなおしました。

その手順の中、
ブログ開始時の写真を削除しまくってしまったようで
2006年の写真がなくなってしまいました。
残念。

喪失はその物の大事さをあらためて認識させます。

さて、立春を過ぎ陽気からは春の本格到来を感じさせますね~
花粉症の方はこの時期から
太陽の恵みと暖かさを身体にたくさん感じて
緩み始めることが重要です。

そしてネトルなどデトックス系ハーブティと
「春うこん」で身体浄化を図りましょう。

隣の梅の木


アロマセラピストのための心理ワーク講座

雨の中、
2期アロマセラピストの心理ワーク講座の第3回。

おやつは「もちシュー」と「ドーナッツ」。

意見が活発に行き交って
私も講義に集中。
気持ちいい集中を経て
講義後はエネルギーをたくさんもらいました。

今日のテーマは精油をイメージに利用し、
アロマセラピーの効果を上げていく。

トリートメントに上手く組み合わせることで
潜在力を起動させる。
イメージを上手く利用すれば
それは副作用がなく
自分の中にあるすばらしい力を
発揮するきっかけとなる。

自分のなかには
自分が思っている以上に
多様な力が宿っている。


雪祭り

札幌の講習会でお会いできた方は
ありがとうございました。

あっという間の時間で
話足りなかった部分もありますが
アロマテラピーの可能性を今後も
ご一緒に探れれば嬉しく思います。

雪祭り。
地元の人は「寒い」「混む」と行かないようで
私も少しだけ…と地元の人に倣おうかと思ったのですが
やはり雪を見たら興奮。
大通り公園を夕方と夜と満喫しました。

どれも素敵でしたが
個人的に好きなキャラクターの雪像3つ♪


20080215123322.jpg


20080215122317.jpg


20080215122246.jpg

故人との時間

今日は空気が冷たいものの
太陽の恵みを感ずるとてもよい天気。

今月行われる
3年前他界した先輩のための
「お墓参りと偲ぶ会」に出席できそうもないこともあって
命日前に一人でお墓参り。

生前、お見舞いに黄色のガーベラを主体とした
アレンジを持って行ったら
とても喜んでくれた。

だから今日も
オレンジと黄色のガーベラ
フリージア
レモンリーフ
ユーカリを花束にして持参した。

そういえば
私の母が大きな手術を受けるために
入院したときも
病室に花束を真っ先に送ってくれたのは
先輩だった。

殺風景な病院のベッドサイドが
最初から華やいで
花好きの母にとって
エールになっていたことと思う。

そんな細やかな先輩の気遣いや
二人での映画、
はじめての待ち合わせを
思い出しながら車を運転し
墓前で話す短い時間は
今の私にとっても
エールとなりました。


20080215123333.jpg

雪ですね~

なぜか雪だとワクワクする…のですが
今日は銀世界にはならず
少し残念。

今週末は札幌へ出張の予定。
銀世界には会えるはずですが
寒いのは本当に苦手。

札幌は雪祭りの真っ最中。
やはり厚着をして、
堪能したいと思います。
今年はどんな感じなのでしょうね~

ところで素晴らしい本に出会いました。
緩和ケアにてアロマセラピーを
行っていたとき、
様々な形でお世話になった
エリザベス・キューブラー=ロス

2004年に亡くなった彼女が書いた
「子どもと死について」

死から顔を背けずに
しっかり向かい合うことで
生を本当の意味で生きることができる。

多くの患者さんから学んだ
宝だと思っています。

20080215123434.jpg

日帰り箱根天山へ

修士論文や仕事で本を大量に読んだり
「死」やスピリチュアリティについて考えたり
内的イメージを感じたり、展開させたり、
自分自身と向き合ったりする時間が多かった先週。

なんだかバランスが悪い。
活性化したエネルギーが上部にあり
重心が上に上がっている感覚。
自分の重心が丹田にない…

なんとなく、精油や植物ではなく
大地が恋しい感じ。
月曜はごまかしながら
本を読んだり、仕事をしたりしていたが、
なんとなくふわふわ、ふらふらしている。

大好きな高尾山へ行こうか
…いやいや山登りは雪のせいで
足場が悪いかも。
・・・ということで大地のエネルギー、
温泉!!箱根へ行こう!と朝食時に思い立った。

下北沢から急行で箱根湯本まで2時間弱。
その間、しっかり本を読んでお勉強。

箱根湯本の駅から
源泉湧き出る
天山湯治卿まで徒歩30分弱・・・のはずが
迷ってしまい徒歩50分。

2時間自然の中の露天風呂に入って
山菜てんぷらそばを食し
また湯本まで歩いて
小田急の急行で下北沢まで戻る。
もちろん電車の中では勉強の続き。
温泉入ってリラックスしたのか眠いのが誤算。

完璧にリフレッシュ!!
…ではなかったけれど
石と地のエネルギーをお腹に蓄え
19時には自宅に帰宅。

大自然に感謝。
そしてすべての英知はやはり自分の中にあるのだと
お湯の中で再確認。

私は自然の中の一部である。
そして私の中には宇宙が広がる。

20080215122832.jpg

ハーネマンアカデミーによる公開講座

9年前、ホメオパシーという
生命エネルギーに働きかける療法を知りました。

興味を持ったものは、とにかく体験!
1時間の説明会に参加し、
講師のドクターの方がホメオパシーのことを語る姿勢に
「この方はホメオパシーを愛しているのだな。でも私はピンとこないな」と思いました。

約2年前。
BODYそしてMINDはSPIRIT、SOULが
表面にあらわれているだけであるということを
帯津良一先生や多くの先生方、
クライアントさんとの関わりや精油との対話、
心理学の中で深く納得し、
ホメオパシーに再度関心を抱きました。

そして特別な計らいで
ハーネマンアカデミーの先生に
Aromatherapy 月の香りにて
初級者向けのコースを開催していただき
ホメオパシーの概念が
ストンと腑に落ちました。

目に見えないだけに
表現しにくい領域を
永松学長先生は非常に分かりやすく
説明してくださいました。

そんな素晴らしいホメオパシーの世界を
体験できる
ハーネマンアカデミーを体感する一日
2月16日(土)に開催されます!

私が敬愛する
学長先生、副学長先生の
美とサイエンスとアートな世界できる
これは絶対のチャンス☆

私も参加します。
よかったら当日会場で声をかけてくださいね。






プロフィール

松尾祥子

Author:松尾祥子
1994年オーストラリアで出会った精油。
自然の力や人間の未知なる力に魅せられ、現在は嗅覚の特殊性やイメージ・植物の生命力を活かしたアロマセラピー、大学院で学んだ臨床心理学、緑の薬箱といわれるハーブ療法、呼吸法・ヨガ・アーユルヴェーダを始めとする東洋の英知を活かして、個人セッションやグループセッション、教育や研究活動を行っています。

Aromatherapy月の香り主宰
 ㈱SAFARI代表
アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理学大学院修士課程卒業

SAFARIでは「活き活きと自分らしく生きる」ことをテーマに企業や学校での研修、メンタルヘルスワークショップ、自然の香りを使った情操教育やアロマセラピスト派遣を行っています。

カレンダー(月別)
01 ≪│2008/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。