スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旬の植物のエネルギー

先日「絞りたてエキストラバージンオリーブオイル:オリーブオイルヌーボー」を
毎年取り寄せているという友人から
1lビンを一本分けてもらった。

毎年毎年取り寄せているだけあって
「今年のオリーブは少しスパイシーな感じ」と友人は評する。
開封し、カブにかけてみる。

「いままでのエキストラバージンオリーブオイルって???」と思うほど
すばらしく香りたかく、味が濃い。
まるでオリーブの果実のジュースのよう。
これは・・・と毎日毎日中毒のように
いろいろなものに振りかけている。

精油にも旬がある。
自然の農法で、
太陽と大地のエネルギーをもとに
しっかりと生命力を蓄えた植物は
その命を精油という形で留める。

だから精油ビンを初めて開封したときの
さわやかでフレッシュな香気には
毎回、魅了される。

2年前のブルガリアで体験した
採取したてのローズ油。
ローズウォーター。

そして毎年毎年「今年物」を手にいれる喜び。
今年のローズは?今年のラベンダーは?
ローズヌーボー。ラベンダーヌーボー。

遠く離れた地で
生命力いっぱい育った
植物と出会う瞬間。
時空を超える、驚きと喜び。








スポンサーサイト

セラピストであるための覚悟

病院での実習にて
アロマセラピーを取り入れたワークを行っています。

本当に多くのことを感じ
学んでいます。

セラピストというのは
ただなんとなく生きるのではなく
自分に与えられた生命を納得して
歩みを進めようというクライアントさんの前に表れた
困難や障害の道を
一緒に歩もうと覚悟を決めるために
先人たちの知恵を学び
自分自身の感性を磨き
多くの経験を蓄積しようとする人のことをいう


今日の反省から
自分なりに考えたこと。

私はセラピストという土台をもって
タッチと芳香をサポーターとして
クライアントさんと歩んでいける
アロマセラピストでいたいと思います。







結婚式

カハラにて結婚式が挙げている一組の夫婦。

なんとも幸せそうで
本当に美しいっ!!

家族という闇に潜む病」という陰の側面があるように
結婚は楽しい陽的なことだけではなく
面倒なことや悲しいこともたくさんあると思っています。

でも、頭でなく
ハートで選んだ相手との一瞬を、
結婚式という
神の祝福を受けるその瞬間を、
本当に幸せに感じたならば
最高のパートナーとして
きっと二人で乗り越えていける。
そう信じています。

結婚式

kahara からのサンライズとサンセット

朝6時ごろ。空が白んできて、7時前には日の出。
私が一人で誰もいない
海辺のガセボにてヨガをしていたころ
夫が撮影しました。



SUN RISE




そして夕方。
大人の時間が始まる頃、
あまりお酒が強くない私たちは
日が暮れるまで、ビーチにて走ったり、
ボールを投げたりして遊んでいました。

朝から晩まで外で遊ぶ・・・
最高の時間。


SUNSET

マーケットとホメオパシーとマラサダ

カハラ地区には自然グッズや自然食を扱うスーパーがあります。
ウメケマーケット

デリや小売りのドライフルーツ、オーガニックシリアルなんかもあります。

滞在中のドリンク用に
ハーブティやヨギーティ(ジンジャーが主体になっていた)を大量に入手後
併設の薬局を除くと
やはりホメオパシーのレメディが中心のもっとも目立つ場所に置かれている。
ホメオパシーの歯磨きやクリームなどもたくさん。
そしてフラワーエッセンス。

ちょっと離れた場所にはアロマの精油が20種弱。

ホメオパシーのほうが
市民権を得ているな…と少し複雑な気分。

日曜の朝はスワップミートへ。
価格帯が急に変化するので
高い、安いの基準が変になります。

高いと感じてしまった
3足5$のふわふわ靴下。
ゆるい感じがかなり格好よかった
Mygo HAWAIIのフリーサイズのパンツ
買っておけばよかった~

そしてレナ-ズのマラサダは美味しいっ!!

クルーの頃も1泊とはいえステイがあり
何度も滞在したホノルル。
オアフ島は俗っぽくて嫌・・・という人も多いけど
海と山と穏やかな天気、やさしい空気のハワイは
1回目より2回目、10回目より11回目のほうが
印象がよくなる不思議な魅力を持つ場所だと思います。

また行きたい。
いやいや・・・
現在は慈善団体のようですが
しっかりSAFARIが会社として存在し
事業として成立していく、
そしてハワイへ進出できる日を夢見て!

写真が事情によりアップできずにおります・・・
が、後日追加していきます!











カハラとノースショア

お久しぶりですが、
とりあえずお正月のハワイ滞在について第2弾~

飛行機を降りてまずはレンタカー屋さんへ。

時差ぼけ対策は
とにかく日光を浴びて
現地の生活に合わせること。

なのでボーっとしているけれど
朝だし、アクティブに行動しようと
地理的にも効率がよい
ワイケレアウトレットへ。

夏大好き。山大好き。海大好き。アウトドア大大大好きな私にとって
スポーツ大好き。スポーツ大好き。スポーツ大大大好きな夫にとって
Sports AuthoriryやNIKEなどのスポーツブランドのお店は
その場にいるだけで幸せ。
意味もなくウロウロしているだけで
あっという間に夕方になってしまった。

そして高級別荘地で知られるカハラへ。

The Kaharaはカハラマンダリンだったころ
私の誕生日に泊まった思い出のホテル。
多くの人に勧められてドルフィンラグーンに宿泊し
「高級感があるけれど気取らず、穏やかで重厚。
とても素晴らしいホテルだな~」と思ったのですが
それと同時に「我々小僧はまだまだホテルにふさわしくないな。
小僧でなくなったときにまた来よう」と二人で話したのでした。

そして四捨五入すると不惑になった二人。
今回は???

5泊の滞在を経て、思ったこと。

「我々はまだまだ小僧」

これから10年はノースショア近郊の
カジュアルなコンドミニアムに泊まり、
四捨五入をして知命を迎えるときに
再度チャレンジしてみたいと思います。

どなたか小僧が楽しめる
ノースショア近郊の
素敵なカジュアルなコンドミニアムを教えてください







バリ そして ホノルル

ちょっと遅れてのお正月休み。

何度行っても素敵なバリ島へ。

スーツケースに夏服を詰めて、いざ成田へ!
JALのチェックインカウンターにて
パスポートを出し、
到着後の遅い夕飯はどうしようか~などと
旅立つテンション満開で盛り上がっていると…

「インドネシア入国にはパスポートの残存期間が
6ヶ月以上必要ですが、
お客様のものは半月不足しています。
大変残念ですが、飛行機に搭乗いただいても
入国できない可能性が高いので・・・・」との説明が・・・・

言われた瞬間。
「これは夢?」と思った。
今まで一度もなかったし、聞いたこともなかったから。
まさか飛行機に乗れないとは。
CA訓練所で学んだ「強制送還旅客の図」がイメージされ…
いや、それはまずい。

とにかく落ち着いて考えよう。
航空会社も同情し、特別荷物を預かっておいてくれるとのことで
食事をしながら、
今後の作戦会議。

滅多に謝らない夫が「ごめんね・・・」を繰り返す。
「私にも起こり得たことだし・・・私も確認してなかったし・・・」と
応えるものの、心がしぼんでいくのを感ずる。

このまま家に帰ったら
スーツケースから夏服を出し
押入れの衣装箱に戻し・・・
寒い中、コタツに入ってだらだら…
それだけは避けたい!!

と考え付いたのが
これ以降出発する飛行機があって
太陽いっぱいの国にとにかく行こうということ。
そこで、オーストラリアかハワイで
飛行機のチケットがとれないか
旅行代理店に勤務する友人に頼んでみた。

するとANAのホノルル行きなら確保でき、
さらにSONYオープン開催中のため
まさか空いているとは思わなかった
イルカちゃんが朝泣き声で起こしてくれることでも有名な
The KAHARA(旧カハラマンダリン)で5泊連泊可能との回答が

というわけで
我々は神々の住む島、バリ島へは
神々に許可されず上陸できず。
ハワイの神様の懐に包まれて
楽しいお休みとなりました。

ハワイでの生活は
写真入で後日…







KISS

この世界に入って
強さと優しさを携えた素敵な女性と出会えること
これは仕事の大きな喜びの一つです。

中でも私が強く敬愛する方。
ホメオパシー界の大御所、
ハーネマンアカデミーの副学長先生。

感性と知性、そして品格と優しさに野性味も備えた
とても素敵なお姉さま。
(先生、勝手な解釈と、さらに勝手にお姉さまと呼ぶことを許してください~)

先生の師匠はクライアントさんと接するときは
「KISS」を心がけなさいと先生にお話されたそう。

KISS…
Keep It Simple and Stupid.

Keep it Simple.
これは良く理解できる。
複雑に見える現象でも本質はとてもシンプルなもの。 
私も常々感じています。

Stupidは馬鹿とか愚かという意味をもつ。
何故???
「馬鹿でいなさい」とかそんな言葉を
誰かが詩で書いていたけどそういうこと??

ヒントをもらって考えてみるととても大きなメッセージが込められていました。

「自分はいつも『完全ではない』という意識を持って人と接すること」

さらに「いつもユーモアや楽しむを忘れずに」とか
「いつもハミングや小さく横に揺れていることで心を柔軟に」といった要素も
含まれているのかもしれません。

よかったら他の解釈や可能性もコメントで教えてくださいね。





寒さの中の暖かさ

最近、時々外を走っています。
走るといっても、走りたくなったら走るし
歩きたくなったら歩くし。
ランナーとはいえない
元気な散歩です。

ピンと張った冷たい空気の中。
慌しい朝が始まるころ。
幹線道路はうるさいのでipodを耳に。

ipodは多くの人にスポーツをする機会を与えました。
ハワイのスポーツウエア店でも
いろんなスポーツウエアに
ipodを携帯するための
穴や袋、バンドがついています。

歩き始めると
自分が熱を産生するのを感じ始めます。
物質ではない
自分の生命エネルギーを感じ
「生きている」ことを実感します。

寒い季節は苦手ですが
こんな喜びが得られる。
寒い季節ならではの
喜びを享受しつつ…

今日は本当に寒いです。
2月は北海道出張も控えていて少し不安ですが
みなさん、温かくお過ごしください~


アロマセラピストのための心理講座

今日は第2期「アロマセラピストのための心理講座」の
2回目。

1回目は緊張感のあったクラスも
活発な意見、感想、質問が出て
温かく熱心なエネルギーを共有できる
クラスになりました。

正月休みボケのあった私の心身も
良い刺激とエネルギーをもらったようです。
帰り道は満ち足りた気持ちで
i‐podの音楽に合わせて
歌を口ずさんでしまうほどでした。
参加された皆さんには心から感謝です。

人は人との関わりの中で成長する。

今日もいろんなことを学びました。

今月末に行われる交流会。
アロマセラピストのみなさんが
普段気がつかないことを発見する場。
普段思っていることを
分かち合う場。
参加者の何気ない一言が
大きな宝となることもあります。
よかったらぜひ参加してください。

交流会の前に行われる
講習会は香りに携わって20年の
原田裕子さんが講師です。
アロマセラピストの醍醐味、
精油のブレンドに関する講座です。
経験から培った英知をお楽しみに♪

第10回 成人先天性心疾患研究会 にて

3連休の初日。
心理実習でお世話になっている精神科の先生が
発表されるということで
医師学会に参加しました。

心理学会へは「アロマと心理療法の併用」という題で
共同研究者として参加したことがありますが
医師の学会に参加するのは今回が初めて。

10時過ぎに会場に到着すると
既に多くの人が講演を聞いていて、
医療従事者の方々の熱心さには
本当に頭が下がります…

演者の方への質問も活発で、
英語での質疑応答も
頻繁に行われます。
医師は英語も話せないといけないなんて
本当に大変だな・・と改めて感心しました。

そして私がお世話になっている先生の発表は
数多くの講演に対する
活発な質疑応答のおかげで
予定より1時間近く遅れての開始。

「成人期先天性心疾患患者の心理療法」

抄録のリストに私の名前も並べられていて
先生の配慮に感謝をしつつ拝聴。

身体疾患患者への心のケアは必要だと感じられているものの、
まだまだ手探り状態なのだと改めて感じました。

こうやって一つ一つの研究を積み重ねて
学会や論文で発表し
我々ができることを提案することで
医療界における患者のQOLへの取り組みが
一歩一歩進むのだと思います。

アロマテラピーが医療における心のケアに参加していくためには
まだまだアロマセラピストの意識は低いのかもしれません。

寒い雨の中、
医師たちは熱心に講演に耳を傾けていました。
学会は連休を通して行われます。



今年もよろしくお願いします

新年になって10日。

今年はアロマセラピストとして10年目を、
Aromatherapy 月の香りは7年目、
㈱SAFARIは2年目を迎えます。

一つのことに熱中することなどなかった私が
情熱を傾けるものに出会えたこと、
そしてそれを共有して、
一緒に成長できる仲間に出会えたこと、
また自然療法を通して、めぐり会えた素晴らしいご縁。

心から感謝しています。

ボディ、マインド、スピリット。

五感を開いて
バランス良く感じていく。
頭でなく心で聞いて、
自分らしく納得して歩みたいと思います。

みなさまとの更なる関わりを楽しみに。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

20080104114119.jpg



さてさて、新年のご挨拶が遅れてしまいました。

年越しは実家で過ごし、
その後、お正月は仕事だった夫と家族旅行。
バリ島でケチャックダンスとスパ三昧。魂のクリーンアップ
…の予定でスーツケースを持って成田へ…が
なぜかハワイのオアフ島へ。
詳細は明日以降。写真とともにUPします。

新年のご挨拶が遅くなりましたが、
明日から仕事始め。
どうぞよろしくお願いします。




プロフィール

松尾祥子

Author:松尾祥子
1994年オーストラリアで出会った精油。
自然の力や人間の未知なる力に魅せられ、現在は嗅覚の特殊性やイメージ・植物の生命力を活かしたアロマセラピー、大学院で学んだ臨床心理学、緑の薬箱といわれるハーブ療法、呼吸法・ヨガ・アーユルヴェーダを始めとする東洋の英知を活かして、個人セッションやグループセッション、教育や研究活動を行っています。

Aromatherapy月の香り主宰
 ㈱SAFARI代表
アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理学大学院修士課程卒業

SAFARIでは「活き活きと自分らしく生きる」ことをテーマに企業や学校での研修、メンタルヘルスワークショップ、自然の香りを使った情操教育やアロマセラピスト派遣を行っています。

カレンダー(月別)
12 ≪│2008/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。