スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イメージ

修士論文のために
イメージ療法関連の本を読みあさっています。

心理学の本は記述が難しく
頭に入ってこないことも多いのですが
イメージの世界は
小さな穴からのぞくと
そこには青く大きな海が広がっています。

スポーツ選手が利用することで身近な
肯定的な場面をイメージし
身体に感覚を覚えさせる方法。
これはあがり症の克服にも利用したりします。

がんの治療に用いられる
イメージ療法としては
サイモントン療法が有名です。

さらに生活様式を変えるために
イメージを利用し
禁煙やダイエットに成功したり、
自分の深層心理に入って
無意識にアプローチしたりします。

これらはイメージを鮮明に描けるかどうかにかかってきますが
イメージを鮮明化する能力は万人に宿っていて、
幼少期からの生活環境で
それを訓練しているかどうかの差だけだそうです。
なので訓練ができる能力なのです。

イメージを鮮明に描ける人は
イメージによって
唾液を分泌したり
汗をかいたり、呼吸数が変化します。
つまりイメージによって身体が変化するのです。

こうやって「療法」と書くと
特別な人が利用するように感ずるけれど
実はイメージは常につきまとっています。

一つの言葉から自分のイメージで解釈し
発言者や他者と異なることで
誤解を生じるという経験も少なくありません。

一つの知覚刺激があって
これを自分のイメージで解釈する。

遠くで「トントン」という音がしたとき
「これは布団を叩く音だ」と認識するとき
自分の中にあるイメージが
認識を助けています。

一瞬一瞬これを繰り返しているのです。

イメージにはまだまだ未開発な部分が宿っていそうです。

これが何に見えるか…




スポンサーサイト

ライブ

学生時代から
夏真っ盛りの野外ライブや
年越しライブで熱狂させてもらっている
サザンオールスターズ、桑田さんのライブ。

夫と二人で
今夜も気分良く
酔わせていただきました~

観覧席の年齢層は
EXILEファンの友人に連れられていったライブより
ずっと高め。

今回は「桑田佳祐」としてのライブなので
落ち着いた曲も多く、
私も無理をしないでいられる
大人なライブでした。
もちろん、「スキップビート」や「BAN BAN BAN」の
思わず興奮してしまう曲もあって
歌って踊って、揺れての3時間。

帰りに周囲を見渡すと
小さな子連れの白髪のおじさま
青年とお父さん
熟年夫婦
中年のおばさまグループ・・・
老若男女が毎年楽しみにしているライブ。

2007年が終わりそうです。

20071228111109.jpg







MERRY CHRISTMAS☆

今日はクリスマスイブ。

イエスキリスト誕生の際
お祝いに三賢人が献上したもの。
それは
黄金と乳香と没薬。

黄金と並んで尊ばれたもの。
乳香と没薬は
現代はアロマセラピーのエッセンシャルオイルとして
我々の手にも入る
フランキンセンスとミルラ。

授業でいつも話す話だけれど
この時期に改めて手に取ると
クリスマスに深みを与える素敵な話。

今夜はフランキンセンスやオレンジ、シナモンの香りのなか
クリスマスソングを流して
美味しいシチューでも頂こうかと思います。

お供は赤ワイン・・と言いたいところだけれど・・・

一昨日代々木にある有名な「煮込みやなりた」に行き、
美味しい食事とお酒、気の置けない友人との会合で
調子にのってへべれけに・・・・

今日はノンアルコール。

ハーブをつけたシロップ
ハーブコーディアルを
炭酸水でわって
シュワシュワ系ドリンクを頂きます。

20071224111111.jpg





ヒロットセラピースクール

ヒロットはフィリピンの伝統医学。
アーユルヴェーダや気の概念も含まれたもので
施術は比較的激しく力強い。

ココナッツオイルをベースに
ジャスミンサンバックや
ラベンダーの精油が入った
ヒロットオイルを用いる。

オイルトリートメントのスタイルとしては
アロマセラピーとは少し異なるけれど
セラピストがクライアントの嗜好や状態をしっかり
掴んで使い分けることができれば
手技の幅がでる。

フィリピンの方がプライドを持って語る
ヒロットとの出会いは
講師のお仕事を請け負ってから。
ココナッツオイルにも
フィリピンの方々にも
ヒロットの歴史にも魅せられました。

ヒロットを普及している
ヒロットセラピースクール
講師とセラピストを募集しています。
ご興味のある方は
ヒロットセラピースクールまで。

尚、SAFARIやAromatherapy 月の香りは
職業の斡旋は行っておりません。
そのため職業への応募や問い合わせは
自己責任の元で行ってくださいね。

スクールアロマセラピスト

今日は専門学校でのスクールアロマセラピスト業務が
今年の仕事納め。

月曜は私が担当し
今日はいつもお世話になっている
アロマセラピストさんが担当です。

彼女とはフリーのアロマセラピスト仲間として
5年程前に知り合いました。
英国の資格を持っているので
AEAJ関係のお仕事では一緒になることはなかったのですが
アロマセラピーに対してとても真摯に取り組み
人に対してとても誠実で、さわやかな彼女とは
アロマ同志という連帯感を感じていました。

彼女は自分のキャリアにもとても謙虚。
「アロマセラピストのための心理ワーク講座」を受講し
今は一緒にスクールアロマセラピストを担当してくれています。

未来のアロマセラピーのために
未来を背負う学生のために。

素敵な仕事仲間。感謝しています。

写真は専門学校正門のクリスマスツリー

20071218221548.jpg


ダイアログ インザ ダーク と牛ほほ肉

SAFARIの仲間とダイアログインザダークへ。

いつまでも目がなれない程の真っ暗闇の中
現在は廃校である
赤坂小学校の中を
探検する。

体育館、音楽室、図工室、用務員室…

先導してくれるのは
視覚障害の方。

普段いかに視覚に頼っているかを
意識させる。
匂いで足で音で気配で…
いろんな感覚を駆使して周囲の状況を知覚し、
先導してくれた「かなちゃん」の声に
耳を澄ます。

さらに参加した6名で
「ここに柱」「もうちょっと歩くと階段の一段目」
「木琴があるよ!」「渡すね。手を離すよ」…
と声をかけあう。

相手が置いていかれないように。
相手と楽しみを共有できるように。
自分が置いていかれないように。
みんな安全に楽しい「冒険」を遂行できるように。

声をかけるときも
相手の立場にたった言葉を選ぶ。


これはコミュニケーションにおいて
とても重要なこと。
五感を使って相手の状況を把握して
相手にとって適切な言葉で表現する。


暗闇で歩いているとき
頭の中にはイメージが広がる。
でも自分の頭の中のイメージと
相手の頭の中のイメージは異なる可能性が高い。
それを分かっていないと
伝わらない。

真っ暗闇の中
お互いを小学校時代のあだ名で呼び合った。
私は「しょうちゃん」。
暗いところでは抵抗がない。
けれど明るいところに戻ったら
気恥ずかしさが戻ってくる。

外観が大人なだけで
中身はいつでも子供に戻ることができるのかもしれない。
視覚に縛られていることは
思っている以上に多いのかも。

意識は時空を超えることができる。

とても有意義なプログラム。
SAFARIでもこのような素敵なプログラムをいつかやりたいです。

その後、大学院の教授と会合。
夜には友人の家で
1週間寝かせ、3日煮込んだ牛ほほ肉の煮込みを堪能。
またまた人との関わりで
宝物をもらった、幸せな一日。
牛ほほ肉はいままで食べたことのない絶品でした。

20071214110653.jpg




充実した長い一日

午前中、協会にて打ち合わせを行い、
そのままの流れで京橋でランチ。
食べても食べてもなくならないフカヒレらーめんを堪能し
今後のアロマセラピストの姿を熱く語りました。

午後からは府中に移動。
専門学校でスクールアロマセラピストとして
数セッションを行いました。
みずみずしい感性に触れ
たくさんの宝物をもらいました。

日が暮れて、バスとJRを使って都心部に移動。
臨床心理の実習先、某大学病院へ。
疾患がある方の心理に関わる研究の
報告会に参加し
看護師さんたちのアロマへの関心の高さを改めて感じました。

さらに看護師さんの「アロマはせっかく良いものなのに
学術的な研究が追いついていない」という言葉に
臨床の現場の人間が
公に成果を発表する必要性を強く認識。
難しいながらもアロマセラピーの将来に
貢献したいとの想いをあらたにしました。

その後大学院の学友と食事。
修士論文の行き詰まりを話すことで
たくさんのヒントをもらい、
グループの力を感じました。

元来一日にたくさんの予定をいれるのが
あまり好きではない私。
けれども今日はたくさんのイベントの中で
たくさんの輝きに接し、
なんだか疲れ知らず。
人は人との関わりの中で
成長し、エネルギーをもらえるのだと
感謝しています。

image001.jpg

VERY 1月号に出ています

12月7日発行のVERY
「新しい私に新しい1着」の企画で
取材を受けました

アロマセラピストとして
そしてSAFARIとしての新しい展開を
多くの人に知ってもらえれば・・・と思います。

一つだけ、想いが上手く伝わっていなかった部分が残念。
それは「多くの人を癒したい」というコメントの部分。

「癒し」はクライアントさん本人の中から起こるもの。
つまり我々アロマセラピストや多くのセラピスト、
カウンセラーは
「癒し」のきっかけとなることはあっても
「癒す」という能動的な働きかけは
不可能なのです。

いつも取材を受けたあとに
伝わっていないことが多くて
ライターさんに訂正依頼をしています。
今回は訂正を出すタイミングがなく
発行に至ってしまったので
活字として掲載されてしまいました。

これは決してライターさんが悪いわけではなくて
「癒し」という言葉が表す
社会的概念と
臨床的概念が異なるだけなので
しっかりと言葉を紡いで想いを伝えなくてなりません。

このような「言葉」が表す概念の違いを念頭においておくことは
コミュニケーションを円滑にする上で
きわめて重要なことだと思います。

なんだか宗教家のような
雰囲気で光を眺めている写真ですが
よかったら見てみてください。
(HPのプロフィールに載せている宣伝用の写真と
異なる…ということはあまり気にしないでくださいね

20071210165237.jpg


20071210165254.jpg



CA仲間と自然療法仲間

協会での作業を終えて
銀座でCA時代の同期二人と久しぶりのランチ。
場所は GINTO ZOE銀座店。

前菜にパスタと肉or魚とスープ、サラダ、デザートと
おかわりつきのコーヒーがついた
ランチコースとグラス白ワインで
10年前を思い出しながらのお食事。
サービスも行き届いており
とても気持ちのよい時間でした。

CAはワイン好きが多いようです。
訓練で世界のワインについて勉強をし、
ステイ先では先輩たちからワインのうんちく。
さらに機内ではレスト(飛行機内の二段ベッドでの仮眠)の前に
ファーストクラスのワインを
ギャレー(飛行機内の台所)で一杯。
しかもこれも勉強のうち。
(こうやって勉強していると
先輩に誉められます
自然とパリ便のお土産はワインとチーズが多くなります。

こうやって世界の味を堪能していた元CAたち。
現在の興味の対象は
もっぱら「健康な心身づくり」、「自然の力」。

一人はヨガの先生。
現在は4ヶ所のスタジオで
教えつつ2児の母もこなしています。

もう一人はハーブやアロマを始めとする
植物療法の勉強中。
お嬢さんや旦那様の健康管理に役立てています。

20代の前半は一緒に夜遊びや合コン、
ステイ先ではブランド店巡りをしていたのに
「ブランド品より本がほしい。ハーブって…」と話すように。

当時は社会的な基準で生きていた私たちも
「自分の物差し」で生きられるようになりました。
だからこそ、相手を尊重できる。
とても豊かな優しい交流が生まれます。







エキナセアの季節となりました

電車に乗っていて
咳をしている人が多くなってきました。
「咳エチケット」なるものを
厚生労働省が提唱しているようですが
なかなか、実行している人は少ないようです。

師走は忙しく
暴飲暴食、不規則な生活で抵抗力も落ちがちです。

こんなときこそ
エキナセアのハーブティ。
風邪をひいてしまったら
サプリメントで摂取しますが
予防の段階であれば
ハーブティがちょうど良いようです。
授業のときにも
ポットにいれて持参します。

そして香りを楽しめるペンダントに
ティートリーやユーカリを入れて
電車の中でも
揮発してくる精油成分で身を守る。
多くの疫病から人間を守った歴史のある
芳香植物たち。
古代からの英知を現代に活かす。
生命のつながりを感じます。


岐阜ラジオ

今日これからお昼のラジオ放送に出演します。
岐阜のみなさん、よろしくお願いします

首都圏に住んでいる自分自身は
聞けない放送。
どんな放送になっているのか
周囲の友人から
生の感想が聞けないのが
残念だけれど
アロマセラピーの魅力、
精油の簡単な使い方、
用途別お勧めレシピなど
楽しんで紹介したいと思います。

リクエスト曲は
enyaさんの「WILD CHILD」です。
夫と旅行で行った
フィレンツェのドォーモから眺めた
夕焼けを想い出します


プロフィール

松尾祥子

Author:松尾祥子
1994年オーストラリアで出会った精油。
自然の力や人間の未知なる力に魅せられ、現在は嗅覚の特殊性やイメージ・植物の生命力を活かしたアロマセラピー、大学院で学んだ臨床心理学、緑の薬箱といわれるハーブ療法、呼吸法・ヨガ・アーユルヴェーダを始めとする東洋の英知を活かして、個人セッションやグループセッション、教育や研究活動を行っています。

Aromatherapy月の香り主宰
 ㈱SAFARI代表
アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理学大学院修士課程卒業

SAFARIでは「活き活きと自分らしく生きる」ことをテーマに企業や学校での研修、メンタルヘルスワークショップ、自然の香りを使った情操教育やアロマセラピスト派遣を行っています。

カレンダー(月別)
11 ≪│2007/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。