スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストラディバリウス

ストラディバリウスのコンサートに
ご招待いただき、
SAFARIの仲間といそいそと
出かけてきました。

音楽は大好き!
でも専門的なことは良く分かりません。

小さい頃エレクトーンを習っていました。
最近また弾きたい衝動にかられ
実家にある埃まみれのエレクトーンにチャレンジ。
昔よく弾いていた曲というのは不思議と手足が覚えていて
途中までは弾けるのですが
楽譜を見ながら演奏はまったく無理でした。

そんな私ですが
名器で名高い「ストラディバリウス」11台で
奏でられるその世界にはうっとり。
そして何度となく、鳥肌がたつ。

「美」というものには
様々な美があるものだと感じました。
華やかな美、
切ない美、
妖艶な美、
大胆な美、
力強い美、
清楚な美…

私は「美」という世界を
なんとなく避けていた部分があったのですが、
(たぶんウーマンリブ的な要素が強くあることと
関連しているのだと思います)
最近「美」というものはみんなの「財産」なんだと
感ずるようになりました。

そして「美」は信念と覚悟があるところに
宿る…そんな感じがしています。

アンコール演奏を何度も何度もおこなってくださり、
その後のパソナ社主催のカクテルパーティでも
美しい弦の音色を堪能させていただき、
本当に素敵なひとときでした。

翌朝は力がみなぎっている感覚。

香り、音楽、色、食事…
よい栄養を取ると心身は喜ぶのです。
スポンサーサイト

第2回アロマセラピスト交流会のお知らせ

気持ちの良い天気が続いています。
緑溢れる陽気に誘われて
SAFARIの種もさまざまな形で発芽を始めました。

そしてSAFARIの活動として
最も大切にしたい活動のひとつである、
アロマセラピスト交流会。
次回、5月25日が一週間後に迫ってきました。
詳細
http://aroma-safari.com/safari-koushu.html


今回は参加申し込みの方のリクエストがあり、
テーマは
「アロマセラピストの健康管理」。


アロマセラピストとしても
女性としても
職業人としても健康でありたい。

不健康そうなアロマセラピストが
「アロマテラピーは美と健康を増進し・・・」
なんて言ってもまったく説得力がないのです。

そしてアロマセラピスト認定校の授業の中では
しばしば聞かれます。
「クライアントさんのネガティブなエネルギーを
もらってしまうということはありますか??」

心理セラピストの間でも
「共感疲労」と言って問題視されている概念。
ケアする側の人がケアが必要という現状。
決して特別な事例ではありません。

いつまでも楽しくアロマセラピストとして
活動したいから。
自分を大事にお仕事を楽しむために。
アロマセラピストの方も
その卵さんも
みんなで意見を出し合いましょう。

ご近所さんのバラです。
芳香が漂っています。


20070518200932.jpg

クリスタル

最近の夜はクリスタルの資料に埋もれている。

8年程前、中目黒の「ナムー」という石のお店で
自分にあった石を7つ選んでもらって
水晶と一緒に並べて作ってもらった。

よく分からないけど、
施術のときやなんとなくパワーが欲しい時には
そのブレスレットを身に着けていた。

その頃は「なんで数珠つけているの?」なんて
言われることもあったけど、
最近は「それ何の石?」「どこで買ったの?」と
聞かれることが多い。

なんとなく「怪しい」と思われるパワーストーンの世界。
そこが魅力と言う人もいるけれど
触れてみるとかなり奥深く、
精油のときのように、探求の穴にうずもれそう。
石の組成成分を見てみると
ホメオパシーでも使われる元素が含まれている。

自然界には沢山の宝物が散りばめられていて、
古代の人は本能を研ぎ澄まして、
自分達に有益なものをしっかりと利用していたのですね


お隣のネロリ

喜びと感謝の方法

今朝の夫はちょっとお疲れ気味。
彼は「前向き。前向き」と自分を奮い立たせていた。

私は「前向き」という言葉があまり好きでない。
なんとなく無理があって居心地が悪い。

私は彼がいつも良く使う
「やったぁ法」と「ありがとう法」(夫婦命名)のほうが好きと彼に話した。

「やったぁ法」はすべてのことに喜ぶ。
「天気だ。やったぁ」
「仕事だ。やったぁ」
「家事を頼まれた。やったぁ」

「ありがとう法」はすべてのことに感謝する。
「お掃除してくれてありがとう」
「一緒にいてくれてありがとう」
「怒ってくれてありがとう」


この方法だと周囲の人、つまり私も嬉しくなる。
そして言っている夫も幸福な気分になってくるらしい。

自分の中にも、
そしてその場にも
ポジティブなサイクルが回りはじめる。

私が「前向き」という言葉に
鳥肌をたて、嫌がっていたら、
夫から「そんなに嫌がるんだぁ。でも周囲からみたら前向きの塊みたいにみえるよね」と
言われてしまった。
ちょっと意外。そう見えるんだ。
知らなかった。

自分について、
自分が知らなくて、
周囲が知っていること。
一人ではその部分に気がつけない。
人は人ととの関係で多くを学ぶ。

快晴の朝。
和食の朝食を頂きながら、
好循環しているグループには
たくさんの可能性があるのだと感じました。


GWの裏高尾

心待ちにしていたGWが終わって
忙しい生活が戻ってきた。

この季節は緑と光が溢れ、
風が気持ちよくて
自然を満喫するには最高の季節。
GWはカーテンの洗濯、掃除や山に出かけ、
リフレッシュ。

7、8年前には自然界の芽吹きのエネルギーによるアレルギーか、
肌がアトピーのような状態になって苦しんでいたことなんか
遠い昔のように感じる。

あー気持ちいい。

GWは山の師匠である母と
実家の近くにある裏高尾へ。
混雑を避けて
学習の道~一丁平~城山~小仏~景信山に抜けるルートを
のんびり歩く。


裏高尾 2



高尾山頂横の茶屋でお蕎麦となめこ汁を

城山山頂ではコーヒーを

20070508180808.jpg




景信山頂ではまたまたなめこ汁を頂いた。


裏高尾 1


グルメなハイキング。

そして途中にはイカリソウの群生。

裏高尾


山から下りて八王子ICIスポーツへ。
山の魅力をまた思い出し、
小屋泊まりも可能なサイズのリュックを購入した。
夏の上高地、徳沢園に泊まっての涸沢にまた行けるかな

最後は小宮の駅の近くにある
うなぎやさん「高瀬」へ。
これがほんとーに美味です!!
知人の経営しているお店ですが
これ以上に美味しいうなぎはないと思っています。

やはり食三昧のGWハイキングでした~

日常のしあわせ♪

気持ちの良いGWの真っ只中。
毎年この時期に
衣替えや忙しい生活に追われて
手の届かなかった箇所の掃除をします。

もちろん掃除には精油を使って。
すっきり精油を使って掃除をすると
心までクリーンな感じに。

伸び放題になっていた
ローズマリーとオリーブの剪定。
今夜は刈り取ったハーブを入れて
ローズマリー風呂

郊外にある実家で出会った
黄色いミニバラを眺めながら
フレッシュレモンバームティーをいただく。

あー気持ちいい。

やっと以前からご注文をもらっていた
オイルや天然精油の調合ができそうです。
この気持ちいい状態ならば
いいものができそう

お待たせしちゃってごめんなさい。
GW明けには届くと思います!


20070502134744.jpg

プロフィール

松尾祥子

Author:松尾祥子
1994年オーストラリアで出会った精油。
自然の力や人間の未知なる力に魅せられ、現在は嗅覚の特殊性やイメージ・植物の生命力を活かしたアロマセラピー、大学院で学んだ臨床心理学、緑の薬箱といわれるハーブ療法、呼吸法・ヨガ・アーユルヴェーダを始めとする東洋の英知を活かして、個人セッションやグループセッション、教育や研究活動を行っています。

Aromatherapy月の香り主宰
 ㈱SAFARI代表
アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理学大学院修士課程卒業

SAFARIでは「活き活きと自分らしく生きる」ことをテーマに企業や学校での研修、メンタルヘルスワークショップ、自然の香りを使った情操教育やアロマセラピスト派遣を行っています。

カレンダー(月別)
04 ≪│2007/05│≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。