スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1期ホメオパシー講座の終了

2月から月2回開催されていた
ハーネマンアカデミーによる
ホメオパシー講座@月の香り
今日が最終日。

初回は永松学長先生による
熱意ある講義。
本で読むと薄く受け取られてしまう
誤解されてしまうこともある概念が
分りやすく、
単なる健康法ではなく
壮大なる哲学として語られ
その世界に引き込まれた。

2回目以降。
魅力的で個性的な先生方による
知識と経験に溢れた、
知恵の宝庫が満載の授業に
レメディがとても身近な存在になった。
精油とともに強力な自然療法の仲間が加わり、
毎回ワクワクさせられた。
そして先生方の生き様が素敵だった。

そして今日の最終日。
副学長先生のお人柄と感性溢れる講義。
先生の随所から滲み出る
「beauty of homeopathy」の世界にはうっとり。

多くの感銘を受けたが、今日の授業で先生がお話された
人は偏見を持たずに人を見ることはとても難しい
という言葉には心から共感した。

外界を見るとき、私たちは必ず自分のフィルターを通す。
自分の見たいように外界を見て、
自分のフィルターで判断する。
五感で入ってくる情報も
実は自分で選んで知覚している。
そこにも自分のフィルターが存在している。

自分が「現実」と知覚しているものは
自分がフィルターを通して「現実」と思っているものでしかない。

「この人はこういう人」という絶対的なものはなく
「この人はこういう人だと思っている私がいる」ということだけが
真実である。

なので自分のフィルター、枠には敏感である必要がある。
大学院では自分のフィルターを知る訓練を受ける。
アロマセラピストもこの訓練が必要だと私は強く思う。
精油を捉えるフィルター。人を見るフィルター。

自分を感じ、周囲を感ずる。
これからも「感ずる」ことを大事に。

とても多くの宝をもらいました。
ハーネマンアカデミーには心から感謝しております。

参加した生徒さんたちともとても良い出会いでした。
ありがとうございます。
「続編を」という熱い声に応えられる日を
私も楽しみにしています。

そして「私も参加したかった」という声を受けて
7月から3ヶ月間、全6回で
再度「はじめてのホメオパシー講座」を
開校します。
詳細はまたお知らせします。
楽しみにしていてください。





スポンサーサイト

トランスパーソナル心理学

やっと、落ち着きました

先週末、大学院の教授の薦めるワークショップに
2泊3日で参加し、それから身体が熱っぽく
なんとなく今週はフラフラの1週間だった。

当初、那須イクシブで温泉でも入ってゆっくり…と思っていたら
トランスパーソナル心理学を日本に紹介した
ハワイ在住のセラピストによる
予期していなかった様々なワークは夜12時まで行われかなりハード。

ボディワークや呼吸法、
言葉や行動を使わずに思いを伝える、
自分の沸き起こる感情を表出させる…などのワークは
衝撃的で私にたくさんの気づきを与えました。

記憶はひとつひとつの細胞に宿っている。と体感。
頭で考えるのでなく、ハートで感ずることの重要性を強く再認識。
私は防衛機制がまだまだ強く働いている。と自分を改めて発見。
そして人間にはまだまだ未知なる可能性がある…

ワーク後のこの1週間、肉体的には疲労困憊。
疲れきっていた。が、何かが安定している。
自分のセンターが力を増して、そのせいで
安定して周囲を知覚することができる。
周囲の状況に落ち着いて対処できる。

決して楽ではないワーク。
ここまでして人間や自己を知る必要はあるのだろうか、との
疑問が常に頭をよぎったけれど
ワーク後の効果を考えると
強力な作用をもたらすのだと感じている。

まだ話をできるほど整理ができていない。
けれど大槻先生が書籍の中で
「混沌が正解」ということを
書いていたことを思い出すと、
今の状態が正解なのかもしれない。

ひとつ言える事は
アロマの世界はとてもやさしい。

家のゼラニウムが咲きました。


20070422172328.jpg

グループと場の力

昨日、暖かい午後の光の中
第1回アロマセラピスト交流会が開催されました。
懐かしいみなさん。
初めてお目にかかる熱意ある方々。
キラキラと輝くエネルギーに囲まれて
本当に楽しいひとときでした。

20人弱のアロマセラピストが集まり、
毎度のことながら生徒さんに支えられているな、
いい仲間に恵まれたな・・・と
改めて感じてしまいました。

アロマセラピストという職業は
日本ではまだまだ正しい形で認識されていません。
アロマテラピーを支え、
働く人間が納得のいく形で
職業として確立する。
それが決して夢ではないと
参加者の集結した力から確信しました。

これからもみなさんの意見を参考に
アロマセラピストが誇りと自信を持って
安心して働ける環境を確保して
本来のアロマセラピー、
自然療法を広めていきたいと思っています。

集まってくださったみなさん、
ありがとうございました。
心から感謝しています。




新クラスの開校

アロマテラピーの学校中野校にて
4月期アロマセラピークラスの初日。

最近はアロマセラピーの発展形のことばかり考えていたので
「はじめてのアロマテラピー」の新鮮さが懐かしい。

昔、「サンダルウッドって何??
ユニパーって植物?(ジュニパーを聞き取れなかった)」
なんて思っていた頃を思い出す。

とにかく様々な場面で精油を使ってみる。
不調を感じたら楽しんでいろいろホームケアをやってみる。
毎日精油と対話をしてみる。
感じてみる。
これが本当に重要です。

みなさんがアロマに目を輝かせはじめるのが
とても楽しみですチューリップ



手作りコスメ

とうとう作りだめしていた口紅が尽きてしまい
先週は久しぶりに口紅作り。

リップクリームの要領で
ミツロウと植物油を溶かし固める。
そこに今回はシアバターを加え、
さらにラベンダーハチミツを加えようと思っていたら
ハチミツを入れ忘れてしまった。
(ハチミツは熱が抜けてからでないと酵素が死んでしまうので、
後で入れようと思っていたら忘れてしまったのです・・・)

そして色素として
ビオフラビンや酸化鉄などを練り込む。
黒を入れすぎると悪魔になってしまうので要注意。

思ったより早く仕上がったので
ついでにクリーム作り。
ミツロウクリームにローズウォーターを
レシチンで乳化させたもの。

精油は何にしようかな?
最近は紫外線も強いし、
なんとなく心身が疲れていて
パワーが足りない・・・
太陽のエネルギーが欲しいっ!
・・・ということで
ネロリをチョイスしました。

夜寝る前や
朝の電車の中で、
手の保湿に。
顔にもしみ対策に。
ネロリクリームは至福の時をプレゼントしてくれます。


20070406230848.jpg

20070407225720.jpg

桜さく

桜はやっぱり人気者。

「花見(桜)より梅見のほうがいいよね」と
初春の熱海でほざいていた私も
やはり花見の季節はうきうきする。

エイプリルフールの1日は
とても暖かい日曜日だったので
夫と花見をしながら4時間近く散歩をした。

家に帰って季節に合った和菓子とお抹茶で「お茶会」。
なんとも幸せな気分。

以前茶道に月一回通っていたことがあった。
茶道はセラピーと通ずるものがあり、
随所に感じる小宇宙に
たくさんの気づきがあった。
知人に「お茶セラピー」を啓蒙している方がいる。
きっとアロマセラピストである私たちに
勉強になることがあると思う。

そして花見といえば思い出すこと。

それは桜がもっとも美しい
暖かな日には姉妹ともに
何をおいても
お花見に連れて行かれたこと。

「学校は毎日あるけれど、桜はすぐに散っちゃうのよ」と
母は学校を休ませて、
私たちを狭山湖に連れて行った。
花見を終えて、3時間目あたりから学校に登校。
「花見で遅刻しました」とは言えなかったので
「歯医者に行っていました」と言い訳をしていました。

このとき学んだこと。
世の中には学校よりも、勉強よりも、
ルールよりも大事なことがある。
それは自然の美しさである


この育て方が正解かは分からないけれど、
今でも私にとって「自然」はなにより大事なものです。


20070402204357.jpg

プロフィール

松尾祥子

Author:松尾祥子
1994年オーストラリアで出会った精油。
自然の力や人間の未知なる力に魅せられ、現在は嗅覚の特殊性やイメージ・植物の生命力を活かしたアロマセラピー、大学院で学んだ臨床心理学、緑の薬箱といわれるハーブ療法、呼吸法・ヨガ・アーユルヴェーダを始めとする東洋の英知を活かして、個人セッションやグループセッション、教育や研究活動を行っています。

Aromatherapy月の香り主宰
 ㈱SAFARI代表
アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理学大学院修士課程卒業

SAFARIでは「活き活きと自分らしく生きる」ことをテーマに企業や学校での研修、メンタルヘルスワークショップ、自然の香りを使った情操教育やアロマセラピスト派遣を行っています。

カレンダー(月別)
03 ≪│2007/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。