スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客室乗務員時代に培った規準

先日「今日仕事でミスして落ち込んじゃって・・・」と落ち込む同僚に
「それは生死に関わるミス?」と聞いたら
「それが規準ですかっ??」とその場にいる二人に笑われた。

この規準は前職時代にできたものだと思う。

客室乗務員時代多くの指導を受けた。
指導の内容が「最悪の時は旅客の生死に関わること」だったときは
真摯に受け入れ、自己嫌悪に陥るほど落ち込んだ。
離着陸前後の安全性の確認、倒れた旅客への緊急対応、
熱い飲食物の運搬、非常口や機体の確認・・・保安要員である
客室乗務員はミスをすると旅客は安全が脅かされる。

アスピリンを服用していて、
しかも夜間フライトでぼーっとしていたのだろう。
電子レンジにアルミホイルに包まれた食品を入れ、
スイッチを押そうとして、その場にたまたま通りかかった他のクルーに
怒鳴られた。「飛行機を落とす気!!」
この事件の後はかなり落ち込んだ。

またパーサー(クラスチーフ)になり、
新人クルーが多い便ということを考えず、
時間的な見積りを誤った。
食事の回収がまだまだ残っているのに
着陸30分前になってしまった。
このまま回収せずに着陸できない!という事態に陥ったときもある。

この後もかなりかなり落ち込んだ。

でもお客さんに食事を出す順番や
効率の悪い動きを注意されたときは
アドバイスをしてくれた先輩に感謝はしても
落ち込みはしなかった。
時には聞き流すこともあったかも・・・

今でもこの規準は自分の中に生きている。
生死に関わる、安全に関わる規準には厳しく、
それ以外は柔軟に。

「トリートメント」「突然の物音」「精油の濃度」には
心と身体の安全のために細心の注意をする。

この規準にさらに詳細な規準が入ったのが「帯津三敬病院」で
「緩和ケア」に関わった頃。
「生きている」ことが重要なのではなく
「自分らしく生きる」ということが重要だという価値観を強くした。

自分のペースで生きることのお手伝い、
納得して生きることのお手伝いができればいいなと思った。


今朝、ベランダに洗濯物を干していたら
枯れてしまったと思っていた木から芽がでていた。
見ていたら「自分の大事にしたい基準」について考えていました。


20070329120059.jpg

スポンサーサイト

場の自然治癒力

ホメオパシー講座第4回。
講座も佳境に入ってきた。

自然療法は全般的に考え方が似ている。
アロマやアーユルヴェーダに親しんでいるので
西洋医学とは異なる考え方が
すんなりと入ってくる。

黒澤先生は「ホメオパスとクライアントとレメディのトライアングルで
パワーを引き起こす。だから一人のクライアントに対して
ホメオパス全員が同じレメディを選ぶとは限らない」と話された。

精油も同じ。
アロマセラピストとクライアントさん。
その場の空気、気候、いろんなことがあって
はじめて選ばれるのが「その精油」。
だからその場を無視して、クライアントさん個人を、
セラピストのキャラクターを無視してレシピに頼るのは
的確な精油選びではないことが多い。

「自然治癒力を個人の中に探していても見つからない。
なぜならばそれは『場』にあるから」と表現した人がいたけれど
(多分帯津良一先生)
まさに、「場」が大きな影響力を持つ。

そしてトライアングルの3点である
クライアントさんをよく見て感じて、
精油やレメディのキャラクターやエネルギーを掴み
最後に自分自身をよく知ることが
自然療法には欠かせない。

ホメオパシーの本、
買ってしまいました。


20070327144043.jpg

大阪パソナプレシャスキャリア塾

金曜から日曜までの大阪出張。

大阪城公園の桜の開花には早い時期で残念でしたが、
パソナ大阪での講義は大変勉強になりました。

プレシャスキャリア塾は
選ばれし精鋭10人が生徒さん。

セルフコントロールをしながら
活き活きと自分らしく働いてほしいと
心理学、アロマテラピー、アーユルヴェーダ
五感…といろいろな考えから
私の考えをpptを使って
ダイナミックに説明!
…と意気込みすぎてしまったのか
ちょっと内容的に
抽象的すぎてしまったようです。

一番盛り上がったのは
精油をつかい「自分をサポートする香り」を
つくる場面で、
やはり精油の力には及びませんでした。
精油はすごいです。

勉強になり、とても素敵なひとときでした。
この機会をくださったパソナの方々、
生徒さんに心から感謝しています。
ありがとうございました。



昨日仕事の合間、夕方に駒沢公園の桜を見に行きました~
咲いている木とそうでない木があるようです。
今年も見れた。よかったぁ。

20070327144115.jpg

ナチュロパシー合宿

水曜から一泊二日でのナチュロパシー合宿。
アロマテラピーの学校の
みなさんと出かけてきました。

中安先生のクンダリーニ呼吸法から始まり
宮川先生のインドハーブによるフェイシャルパック、
チクチクマッサージ、
花粉症用スギのレメディ作りに
植物染め、自然のパワーを感じるお食事・・・
書ききれないほど盛りだくさん。

スタッフのみなさんや講師のみなさんとの
学びと緩みのひととき。

芦ノ湖湖畔の空気と自然のパワー
穏やかなみなさんに囲まれて
本当にリラックスして
自分を取り戻しました。

本当に良い学校です。
生徒さんにこの経験を
ぜひ還元していきたいと思います。

アロマテラピーの学校のみなさん、
ありがとうございました。


植物染め用の鍋

植物染め

アロマセラピスト交流会のお知らせ

アロマセラピスト交流会

日時 2007年4月20日(金)
13時~15時

場所 港区高輪(最寄り駅 南北線 白金台駅 徒歩8分) 

参加費
お一人 2000円
参加希望者はメールでご連絡の上、参加費をお振込みください。
(お振込先はメールにてご連絡いたします)
お振込みが完了次第、「受付完了」とさせていただきます。
開催場所詳細は受付完了後にお知らせいたします。

申込方法 お名前、日中ご連絡が取れるご連絡先を明記の上、
mkamimoto@aroma-safari.com までメールにてお申し込みください。

交流会主旨
私達、株式会社SAFARIは質の高いセラピスト育成を目指し、2月14日に法人としてスタートしました。
セラピストの就業の場を広げ、社会的地位向上のためにいろいろな企画を推進しようと考えています。
そこで、このたび「SAFARI 第1回セラピスト交流会」を実施し、現在セラピストとして活躍されている方やアロマテラピーサロンをお持ちの方、これからサロンを持ちたいと考えている方達がそれぞれに抱えているいろんな悩みや意見を持ち合い、情報を交換していただく機会を持ちたいと思います。
また、今後、セラピストとしてのレベルアップを図っていただくためにアロマテラピーに拘らず各種講習会なども行っていきたいと思っていますので、多くの引き出しを持つセラピストになりたいと思っている方は是非、ご参加いただければと思います。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

SAFARI出席予定者
松尾祥子(AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクター、Aromatheray月の香り主宰)
原田裕子(AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクター)
神本美智子(AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクター、aromatherapy salonプルミエール主宰)

株式会社SAFARI 概要
HPアドレス http://www.aroma-safari.com/

みなさんとの良き時間を楽しみにしております

ホメオパシーのレメディを飲んでみて

映画「パヒューム」のショックを癒そうと
はじめて飲んだホメオパシーのレメディ「アコナイト」。

アコナイトのレメディははAconitum napellusという
毒性の強い植物の花、葉、茎から作られ、
植物はその毒性から狩猟の矢に塗って使用されてたそうです。

恐怖や精神的ショックから起きる症状によい。
突然の発症によい。ということからこれを選んでみました。

一粒をキャップに取って舌の下へ。
思い込みかもしれないけど
一瞬「頭が振られる感覚」。

ピッタリのレメディを取ると
視界がクリアになることもある・・・と聞いていたけれど
そういう感覚は???

そのままお風呂に入って、
出る頃にはなんとなく、
自分の丹田に意識が戻っている感覚があった。
残念ながら「胃の痛みがその場ですっきり消失」
という劇的な感じではなかったけど、
お布団の中へ入って一晩寝た後は
すっきりとよくなっていました。

翌朝は・・・
消化しきれないようなことに遭遇した時、
翌朝いつも現れる症状、「顔のむくみ」が出現。
午後まではなんとなく顔が重かったです。

ちょっとワクワクした感覚。
これからもいろいろ試してみます。
花粉症にはミックスポーレン(花粉のミックス)を
まず試してみるとよいそうです。

昨日は夕方の散歩にも出かけられ、
やっと時間に振り回される忙しい生活から
元のペースに落ち着いてきて、
明日は「アロマテラピーの学校 ナチュロパシー合宿」。
自然の中で大きく伸びをしてきます


20070319175241.jpg

日本サイコセラピー学会

立教大学で行われた日本サイコセラピー学会。
アロマセラピーを心理療法と併用した例を
心理の先生と共同研究として発表させてもらった。

日本の心理専門職のみなさんや精神科のドクター達との
ネットワークはあまりないのですが、
週末にこうして勉強に集まる方々には
頭が下がります・・・

そして、とても短い時間で
症例発表しかできなかったのですが、
「アロマに興味をもった」と言って下さった方々がいて
大変心強く思いました。

これからアロマテラピーや他の自然療法は
まだまだいろんな可能性がある。
自然の力はポジティブな力を生み出す。
そしてアロマセラピーは
内観療法や森田療法、精神分析の要素を持つ統合的心理療法である。
それを確信しました。

お休みの日はPCを見ないと
決めていたのに、
どうしてもこのことを書きたくて
今日は簡単なご報告。


20070319152347.jpg

横浜校のみなさん祝学科ご卒業

アロマテラピーの学校横浜校での授業。
今日でこのクラスの生徒さんは学科課程を修了でした。

とても活気のあるクラスで
ディスカッション形式で進む授業は
日本の教育とは思えないもので、
とても有意義なひとときでした。

最後に聞かれた、日焼け止めクリームの作り方について
この場でお知らせします。

基本的には
オリーブ油、セサミ油、椿油  
  UV-B波を吸収して日焼けによる炎症を抑える
酸化チタン
  粒子の大小の組み合わせで紫外線の乱反射効率を高め、
  特にUV-A波の日焼け止め効果を高めます。微粒子酸化チタンは高SPF  商品の主要原料です。(熱い時にはかぶれの原因になることもある  とのこと)
オウゴン(コガネバナ)内の成分バイカリンが加水分解してできた成分バイカレン
  UV-C波まで吸収

これらを混ぜて作ります。
作り方は・・・ちょっと説明できないほど複雑なのと、
「コスメレシピ」という手作りコスメ学校主宰、
茅沼先生という先生が教えてくださったレシピなので
教えてしまっていいのか・・・と不安に思ったので
簡単に・・・

オウゴンの浸出液とシルクパウダー、酸化チタンとグリセリン、
オリブ油などをアルギン酸ナトリウムと混ぜるという工程です。
酸化チタンは粒子の粗いものと細かいものを混ぜます。

う・・・難しいですね。
市販のものでは肌が荒れてしまう私も
これなら全然大丈夫でした。

あとは私が成分を見て、納得してほれ込んで使っている化粧品。
サンミモレのファンデーションは
酸化チタンがかなり贅沢に使われています。
水溶性なので、皮膚呼吸もしっかりでき、
肌の負担がない、手作りファンデーションにかなり近いものです。
(もちろん手作りのほうがさらにいいのですが、
手作りファンデまで手が回らなくなりました)
普段は日焼け止めをせずに、このファンデーションだけを
使用しています。

ちなみに母も惚れこみ最近はこの化粧品を広めるぞと
取り扱いを始め、販売までし始めました。
もちろん宣伝ではありません。
私が最初に納得して使っているので・・・
でもどこで入手すればいいの??
という方は以下アドレスに問い合わせてみてください。
(松尾祥子のブログを見たと書いてくださいね)
サンミモレ化粧品問い合わせ 「We」
we-shop.m@jcom.home.ne.jp

紫外線が強くなる季節。
紫外線は真皮まで到達すると
肌に深刻なダメージを引き起こします。
日焼け止めをしっかり塗って、
それでも日焼けしてしまったときは
フローラルウォーターやハーブティを含ませた
ローションパックでしっかりケアしましょう。

私も自分のために手をかけましょ





映画「パヒューム」を見て

ホメオパシーの講義の後
アロマセラピスト仲間と
嗅覚を専門にするものならば観なくてはと
「パヒューム」を観にいった。

これから見る人もいると思うので
詳細は秘密にしておきますが…

観終わった後の感覚が
いままでに味わったことのないもの。
決して日常から近い内容ではないのに
かなりリアルに感触が残っている。

『ニューワールド』のときのように
劇場に香りを流すわけではない。
自然と嗅覚の想像を強く求められる。
すると画面の香りが自分の周りにやってくる。

だからこそ想像の香りが
なまなましくまとわりつく。


TVや写真よりも
丁寧に描かれた活字のほうが
五感でリアルに感ずることができることと似ている。

正直かなりヘビーで
映画を観ているときから
胃が痛くなってしまった。

「食事だけでなく、五感から入るもの全てが栄養になる」と
アーユルヴェーダでは考えられている。
消化力のないヴァータさんは
消化不良を起こし体調を崩しやすい。

やはり消化できないから
消化器系に負担がかかっているのかもとちょっと心配に。

アーユルヴェーダではそんなときにはジンジャー。
今日はジンジャー湯を飲んで寝るのもいいかもしれません。

ショックには「アコナイト」のレメディーがよいとも
ホメオパシー講座で学びました。
せっかくなのでこれからアコナイトを摂取します。

でも、嗅覚ってやっぱりすごいです。
嗅覚のすごさを感じるためにも
精油の蒸留方法、油脂吸着法の方法を
違った視点で見るためにも
必見かもしれません。
ひとつアドバイスするとしたら
お食事は済ませてからの観賞をお勧めします。


20070314223234.jpg

素敵な看護師さんになられる皆さんへ

1通のお手紙が届きました。
東京医療センター付属目黒東が丘看護学校のみなさんから。

秋にアロマセラピーの5回連続講座を行い
若いみなさんとお会いしました。
未来の看護師さんたちは毎日のハードな授業で少しお疲れ気味でした。

でも「人のためになりたい」という
意欲のあるピュアな感性は
アロマテラピーの本質をしっかり捉えてくれたように感じました。

こんな看護師さんたちが医療界にいるならば
病院もよいところだな。と医療関係者全般に信頼感が増しました。

みなさん、無事ご卒業されたとのこと。
本当におめでとうございます。

皆さんが看護師さんとして
誇りをもって活き活きとして働く中で
ちょっと疲れてしまって、
意に反して患者さんにも冷たくしてしまい、
心がささくれてしまう時があったら、
精油の小瓶を手にとって、目を閉じて一呼吸。
あの授業を思い出して
精油を身体中に送ってみてください。

生命力いっぱいの植物達がきっとサポートしてくれるはずです。

心から応援しています。
あの時間を一緒に過ごせたことをとても感謝しています。

病院で、駒沢の駅で、近くのユニクロで、
会ったら声かけてくださいね。


20070310194626.jpg

春の風と酸味

春になると「すっぱい」ものが欲しくなる。
夕飯には「菜の花の酢味噌和え」。
おやつにかんきつ類。
朝はレモンをたっぽり絞ったドレッシングで
冬場はあまり食べなかったグリーンサラダをバリバリ。

乾燥していて、強い風の吹く春は
アーユルヴェーダでは「ヴァータ」のエネルギーが強くなる時期。

元来ヴァータ体質の私は
この時期は精神的にも「うきうき」「わくわく」。
想像力が増してきて、
躍動感に溢れて、なんだか楽しい・・・
春!何か始める季節!ピンク!きもちーい!


でもそれが悪く出始めると
「そわそわ」「ぐるぐる」・・・。
眠れない。落ち着かない。頭が常に回っている・・・

インドの伝統医学アーユルヴェーダは
古代からそんな現象も捉えていました。
そんなヴァータの乱れたバランスを整えてくれるのは・・・「酸味」。


やっぱり身体には英知がしっかり備わっている。
自分の身体の声に耳を澄ませば、
今の自分に必要な食べ物はしっかり分かる。

情報を得るのではなく、自分に耳を澄ます。
本能に耳を傾け、身をゆだねる。
知覚しやすい身体を作る。

自然が教えてくれました。


20070302104742.jpg

(株)パソナにてリフレクソロジスト募集!

火曜日の午前中、
今月末にセミナーをさせていただく
(株)パソナ大手町本社を訪ねた。

「女性が活き活きと働いていて本当にいい会社だよ」と
友人から聞いていたが
本当に良いエネルギーが満ち満ちていて
社員がとても輝いている。

福利厚生の一環として
アロマやネイルが低価格で受けれる施設が併設されていて
「社員を大事にしている」という空気を感じる。
そして社員も「経済」重視というより
「社会の問題を解決したい」という
南部代表の意向をしっかり実践しているように感ずる。

素敵な企業でお話させていただけて
本当に嬉しく思っています。

そして表参道、原宿間の一等地
(本当に本当に一等地です!!)
パソナ直営サロンをオープンするそうです。

そこでりフレクソロジストとネイリストを
紹介して欲しいと言われました。
残念ながら私はネイリストの方と知り合う機会はあまりないのですが
生徒さんやブログを見ている方の中には
リフレクソロジストとアロマセラピストである
という方はいるかも知れないと思い書いてみました。

この業界をよく知っている私から見ても
かなりの好待遇だと思います。

http://www.pasonet.ne.jp/jobsearch/feature/07021902.html

希望者の方は「松尾のブログ見ました」と言って
直接申し込んでみてください。
それから一応、この件で何かトラブルなどがあっても
Aromatherapy 月の香りや(株)SAFARI、松尾は一切関係ないので
ご自分の判断で応募してくださいね。

アロマは残念ながら今の所は取り入れない流れだけど
もしかしたら・・・ということもあるかもしれないですね。
内側から働きかけることも可能かもしれません。

良い出会いがあるといいなと思いつつ・・・




20070308165514.jpg

ロタウィルス胃腸炎で

先週の水曜日。
ホメオパシーの講座の奥深さを
今日こそはブログに書こうと意気込んでいたら・・・
なんだか急に身体がだるい。

「そういえば月曜の昼から胃がなんとなく痛いなと思ってたんだ・・・」
「今日ちょうど風邪と消化器系のトラブルの時のレメディーをやったのに。レメディ先週の内に購入しておけばよかったな。この症状には何のレメディだろう」などど思いながら
調子が悪い時にはとにかく寝る、と18時には布団に入ってお休み

木曜日。アロマテラピーの学校横浜校で一日授業。
昼はピザをガッツり食べたけど夕飯はなんとなく食欲がない・・・
それでも夜まで仕事や大学院の勉強をしてお休み

金曜日。今日は一日協会でのお仕事・・・のはずが胃の痛みと
吐き気と熱でとても起き上がれる状況じゃない。
久しぶりにお仕事をお休みしてまでのダウン。
みなさん、ご迷惑をおかけしてごめんなさい。
・・・・と痛い胃を抱えつつひたすら寝ていたら、
急に水様の下痢が。
「最近忙しかったから、ストレスが自律神経にきたのかな?」と
思っていたら、夕方には青白い便が・・・・

ロタウィルス!!

そっか。ロタウィルス胃腸炎だったんだ。

ロタウィルスは非常に感染力が強い病原菌で
冬季には多くの子供が感染するらしい。
経口感染するので
糞便に触れた可能性のある手はしっかり
消毒する必要があるらしい。

嘔吐、下痢、胃痛、下腹部の痛みで
大変だったけど、
なんだかとても浄化された感じで、
直観力も戻ってきた。

「偶然はない。全てのものは必然である」

周囲の人には迷惑をかけてしまったけど
私には必要な時間だったのだと思う。







アロマセラピスト交流会

日時 2007年4月20日(金)
13時~15時

場所 港区高輪(最寄り駅 南北線 白金台駅 徒歩8分) 

参加費 お一人 2000円
 参加希望者はメールでご連絡の上、参加費をお振込みください。
(お振込先はメールにてご連絡いたします)
お振込みが完了次第、「受付完了」とさせていただきます。
開催場所詳細は受付完了後にお知らせいたします。

申込方法 お名前、日中ご連絡が取れるご連絡先を明記の上、
mkamimoto@aroma-safari.com までメールにてお申し込みください。

交流会主旨
私達、株式会社SAFARIは質の高いセラピスト育成を目指し、2月14日に法人としてスタートしました。
セラピストの就業の場を広げ、社会的地位向上のためにいろいろな企画を推進しようと考えています。
そこで、このたび「SAFARI 第1回セラピスト交流会」を実施し、現在セラピストとして活躍されている方やアロマテラピーサロンをお持ちの方、これからサロンを持ちたいと考えている方達がそれぞれに抱えているいろんな悩みや意見を持ち合い、情報を交換していただく機会を持ちたいと思います。
また、今後、セラピストとしてのレベルアップを図っていただくためにアロマテラピーに拘らず各種講習会なども行っていきたいと思っていますので、多くの引き出しを持つセラピストになりたいと思っている方は是非、ご参加いただければと思います。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

SAFARI出席予定者
松尾祥子(AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクター、Aromatheray月の香り主宰)
原田裕子(AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクター)
神本美智子(AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクター、aromatherapy salonプルミエール主宰)

株式会社SAFARI 概要
HPアドレス http://www.aroma-safari.com/

みなさんとの良き出会いを楽しみにしております。


プロフィール

松尾祥子

Author:松尾祥子
1994年オーストラリアで出会った精油。
自然の力や人間の未知なる力に魅せられ、現在は嗅覚の特殊性やイメージ・植物の生命力を活かしたアロマセラピー、大学院で学んだ臨床心理学、緑の薬箱といわれるハーブ療法、呼吸法・ヨガ・アーユルヴェーダを始めとする東洋の英知を活かして、個人セッションやグループセッション、教育や研究活動を行っています。

Aromatherapy月の香り主宰
 ㈱SAFARI代表
アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理学大学院修士課程卒業

SAFARIでは「活き活きと自分らしく生きる」ことをテーマに企業や学校での研修、メンタルヘルスワークショップ、自然の香りを使った情操教育やアロマセラピスト派遣を行っています。

カレンダー(月別)
02 ≪│2007/03│≫ 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。