スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精油と人間力とエネルギー

週末は大学院での授業。
今週はテストもあったため、
まったく休日が確保できず夜も知的活動でバタバタしてしまい
疲労気味・・・
こんな時こそ、瞬時に切り替えスイッチを押す精油や呼吸法、瞑想。
本当に植物達の小瓶には助けられています

心理カウンセリングには様々な手法がある。

日本の大学院は
自分がついた教授がどの手法の研究者であるかによって
自分の学べる手法も決まってくるらしい。

ユングの研究者であれば精神分析。
比較的現代的な手法である認知行動療法。
研究をするのであれば、そして教授の研究に非常に共感していれば
それを突き詰めていく。

私の所属している大学院はカリフォルニアに本校があるため
こういった「派閥」のようなものは全くなく
クライアントさんにとってよい物をいろいろと使おうという考え。
それはアロマセラピー臨床をしていた私にとっては
「必然」。

様々なクライアントさんがいて
その個性にあった手法やアプローチがある。
そしてセラピストも様々なタイプの人がいて
Aセラピストには使える手法でも
Bセラピストにとってはキャラクターが違うので
しっくりつかえないこともある。
だからその瞬間にいろんな引き出しからいろんな手法のエッセンスを使用する。
スピリットも決して否定されていない。
本当の心の変革には必要な概念としてしっかり学ぶ。

週末の大学院で教鞭をとっているのは
精神科医師でもあり文化人でもある斎藤学先生と
臨床心理を何十年も行ってきている2人の先生。
3人ともスタイルがまったく異なるので
アプローチも勉強の仕方も全く異なる。

私たちアロマセラピストも様々なタイプがいる。
アロマテラピーの学校の宮川先生、木田先生、ライブラの原田先生・・・
セラピスト仲間の手島さん、神本さん・・・そして先輩の安珠さん。
自分らしさの中で自分にあったスタイルを使って
みんなクライアントさんと真剣に向き合っている。

今日はアロマテラピーの学校茗荷谷校でケーススタディの授業。
私の考えるアロマテラピーを、私のクライアントさんへのアプローチ方法をしっかり伝えられたでしょうか?

「ブログ見てます!たくさんいろいろ書いてください。」との
応援をどうもありがとうございます。
人ってやはり応援されるとパワーもらっちゃいますね。
週末の大学院、月曜の協会での朝から晩までの仕事でヘロヘロだったはずなのに、帰りにはなんだかとても心身が軽くなっていました。

精油と「人間力」でクライアントさんをサポートする。
これがアロマセラピストの仕事。

私も生徒さんやクライアントさんの応援団として
もらったエネルギー循環させていけたら嬉しいです。
スポンサーサイト

エネルギーとしての精油

昨日の続き・・・

植物の生命力の集合体
エネルギーとして精油を見る。
生きている人間の生命エネルギーを感じる。

これは一見怪しそうな概念だけれど
ごく日常から感じていることだと思う。

例えば「あれ?今日は元気がないな~」と思った友人には
「覇気がないね~」と言う。
なんだか「力が涌いてくる」とき「気がみなぎる」ときがある。
植物でも「元気いっぱいだな」と感ずるとき、
野菜も採取したての野菜からは「気」のようなものを感ずる。

私は人の亡骸をみたときに
「ここにはSPIRITは存在していない
BODYしかないのだ」と改めて感じた。

「怪しくなくエネルギーの勉強をしたい」と思ったときに
ホメオパシーに出会った。
ホメオパシーはホリスティック医学協会会長の
帯津良一先生が最も信頼しているものということでも興味がわいた。



2月14日から6回のホメオパシー講座では
ホメオパシーの歴史や治癒の方向性などの概論から始まり
日常に起こり得るさまざまなトラブルから介護や産後やペットへの
アプローチまで学びます。

そして6回の修了者には
ハーネマンアカデミーより終了証も発行されます


申し込みが最小催行人数を上回ったので
開校が決定されました。
若干の空きがありますので
ご興味がある方はぜひお早めにお申し込みください。

ホリスティックアロマテラピーを深めるために、
自然療法を学びたい方に、
かなりお勧めの講座です。




ホリスティックな健康とは

中野校にてケーススタディ「ホリスティックアロマテラピー」の授業。

ホリスティックとは症状だけにとらわれるのではなく
その症状を呈している人全体にアプローチをしていく。
心、身体、生活、生き方、環境、霊性など
一人の人間をまるごとみる。
ホリスティックな健康感とは
単に病気でない、というわけではなく
心と体と精神のQOLが良好なこと。
1960年代のアメリカで
部分しかみない医学を反省して
起こった概念である。

アロマテラピーを展開するにあたって
この視点はとても重要な要素。

天然の植物から抽出された精油は
鎮静作用や鎮痛作用、血行促進作用などの
薬理効果が期待される。
アロエをやけどに塗ったり、
風邪のときに梅生姜湯を飲むことと同じような感覚。
第2次世界大戦ではフランス人医師ジャンバルネが
精油を治療に用いた。
これはBODYへの働きかけ

植物の芳香成分である精油は
我々の嗅覚から大脳辺縁系、海馬に働きかけ
様々な感情をもたらす。
女性的な幸福感、ひだまりのようなあたたかさ、
すっと気持ちが洗われるような感覚、
忘れていた懐かしい記憶・・・
これはMINDへの働きかけ

そして植物の生きる力
芽吹く力、葉を茂らす生命力がぎゅっとつまった精油は
我々の生命エネルギーにも影響を与える。
可憐に見えてもエネルギッシュなカモミールのエネルギー。
野生と華やかさを兼ね備えたローズ。
これはSPIRITへの働きかけ

WHOの健康の定義にもある
BODY,MIND,SPIRIT。
これらにTOTALで
働きかけることのできるアロマテラピー。
アロマセラピストがホリスティックに使うことを意識しなくては
TOTALに働きかけることはできない。
だから、私はホリスティックアロマテラピーの授業は
伝えたいことがいっぱいある。
アロマセラピストは精油の持つ力
アロマセラピーの奥深さを認識している必要があるから。




20070117154920.jpg

実家の家族との北海道

本当に旅行ばかりのブログですが・・・
毎年の行事の一つである
家族と北海道サホロスキー場に行って来ました。

羽田から帯広空港へ。
飛行機を降りるとそこは一面の銀世界。
寒いところは苦手だけれど
雪は本当に一瞬にしてその空間を美しくしてくれ、
凛とした空気は気持ちまで浄化してくれます。
まさにモミ油やパインニードル油の世界。

雪の中の天然のアロマテラピーのせいか、
1歳6ヶ月になる下の姪っ子は
雪面にでるとすやすや・・・
そりの上でも、
お父さんに抱っこされながらのスキーでも
ゴンドラで登った山頂でもとにかく良く眠っていました。

朝から夕方までスキーをして
その後はプールやスカッシュ。
夜はショーが繰り広げられて
夜更けまでバーで音楽と踊り。
ワイン飲み放題、食べ放題の
お祭り騒ぎの数日は
アロマと自然療法、ヨガなどの世界の静寂とは
まったく異質。

けれど身体を使う。感じる。楽しいことをする。
朝から晩まで
ひたすら遊び、そのままバタンと眠る・・・という生活は
とてもシンプルなもの。

身体を使って積極的に周囲の人たちと遊ぶ。

まさにこどもの世界。

PC漬けの毎日で偏ったバランスを取り戻すのには
こうした時間が必要なのでしょう。
頭でなく感ずる。体験する。
頭を働かせるためにも
こうした「あそび」「緩み」がとても重要なのです。

日常の中にふっとこの「あそび、緩み」を作ってくれる
これが精油やアロマセラピーの力。

今日はよいひらめきがありそうです。



20070124143500.jpg

4人のベビーちゃん

今日はべビーマッサージのお教室。
4人のお母様が
2人の男の子ちゃんと2人の女の子ちゃんを連れて来てくれた。

毎度のことだけれど
ベビーちゃんはみんなそれぞれ個性があっておもしろい。

なかなかベビーマッサージをさせてくれない子もいれば
徐々に身体を預ける子。
マッサージ手技の好き嫌いがある子や
そして最初から最後までうっとりとマッサージを堪能し
その後すやすや眠ってしまう子・・・

みんなそれぞれが自分のペースで
自分らしく行動していて
見ていてとても頼もしい。

自分の思うままに行動する。
欲求のままに生きると
こんなに人は堂々と力強く生きられるのだと
改めて感じた。

ベビーちゃんから、
お母様から
いつも多くのことを学びます。


アーユルヴェーダ

今日はアロマテラピーの学校中野校にて「泌尿器系」の授業。

初めて担当したクラスだったこともあって
私という講師がどんな人なのか分かってもらうためにも
いろいろなアプローチ法があるということを感じてもらうためにも
なるべくホリスティックな角度から
体験談や余談を交えながら話を進めた。

久しぶりにアーユルヴェーダについて質問を受けた。

アーユルヴェーダはインドの伝統医学。
医学であり、哲学であり、現代の生活習慣病や
西洋医学では難しい病気の治療法としても
注目されている。
ヨーガもアーユルヴェーダの1つ。

質問に答えながら祐天寺にあるハタイクリニックで
パンチャカルマとシロダーラを受けた時のことを思い出した。

シロダーラを一度も受けていない人は
ぜひ一度体験して欲しいです。
温かいオイルが額にあたりはじめると
すーーっと変性意識状態に。

この変性意識状態が
心身のバランスを回復するきっかけとなったり、
自分の内なる力を引き出すとも言われ、
心理学の世界でもこの意識状態は重要視されています。

上手なアロマテラピートリートメントを受けていても
変性意識状態になるので
10年以上前、
何度もアロマトリートメントを受けているうちに
自分の心と身体に変化がおき始め
自分の欲求に素直に生きるということを
私は学んだのだと思います。

アロマで変性意識状態になれない人も
シロダーラなら可能性が高い・・・そう感じます。

ぜひおためしください

ハタイクリニック
http://health.yahoo.co.jp/hospital/detail.html?hospitalNo=566341

ヨーガとジャックマイヨールと呼吸

今日は朝からたくさんの事を行い少し忙しかった。
6時半には洗濯物を干し終え、
8時半からのヨガ教室へ。
その後、お花の教室へ。
今日は午後の授業があって
時間的な余裕がなかったのでそのまま花を持ち帰る。

そして茗荷谷校にて「呼吸器系」と「循環器系」の授業。

クラスに入るとなんだかとても活気を感じた。
正月ボケしていた私の心身もおかげでシャキッとエネルギッシュに。
『わくわく』をみんなで味わえる
アロマテラピーの学校の授業に、
そして熱意ある生徒さんに感謝。

赤血球の素晴らしさについて、
呼吸の奥深さについて、話始めたら
またまた興奮してきてしまった。

「いるか人間」と呼ばれたジャックマイヨール。
彼は1976年、素潜りで推進100mを越える記録をつくり、人間の生命力に関する科学の常識を破った。ヨガ、禅など東洋の叡智を学び、人間は心の持ち方一つで常識をはるかに越えた能力を発揮しうることを身をもって示す。

そして彼は以下のような言葉を残している。

「大自然の大気中には、全ての生命を生かしている見えないエネルギー、プラナが満ちている。このプラナをスムーズに体内に取り入れる事に依って、最大限の生命力を発揮できる。」
「呼吸は、大宇宙の母と、その子宮の中で育まれている私達とを結ぶ、へその緒の様なものだ。」

私は基本的には朝の瞑想を行います。
(やらずに「まずはアンパンを食べたいっ!」と食卓に直行するときもあります)
全然のらないときもあれば
呼吸をしないでも気持ちいいひととき
なんだか呼吸をする必要がなくなる瞬間が訪れるときもあります。
外呼吸という手段以外の方法で
外部から細胞にとって必要なものを取り入れているのか、
細胞が休止状態に入るのか不明ですが
その間は息苦しさなどまったく感じず
「完全な静寂」がやってきます。
とても気持ちいい時間なので
翌日もその状態に入ろうとチャレンジすると
その状態にはなれません。

呼吸の研究。
これにはとても奥深い世界があります。
呼吸を重要視しているアーユルヴェーダは
一生かけても学べないと言われています。
毎朝の瞑想を通して、
呼吸をよく見つめて何か可能性を探れればいいなと思います。

授業の後、自宅に帰って
お花を活ける。
生花の香りはまたひときわ芳しい。






教育セラピー

心理学大学院の修士課程の1つに
自分自身が心理セラピーを30時間受ける
という課程がある。

セラピストが自分の内面を投影して
クライアントに抱く感情
逆転移を防ぐために。
そしてクライアントさんからの感情である
転移に対して適切に対処できるように。

自分の心の色をしっかり把握して
クライアントさんにとって透明であるように。

今日は30時間の終了日。

ゆったりした空気の漂う
日曜の午前中に
セラピストに誘導されながら
自分自身と向き合うひととき。

その30時間は予期していたよりも
有意義な時間だった。

自分の内面と向き合うのは時にとてもハードなこと。
苦しくて、休みながら、ゆっくり・・というときもあるけれど、
何かが大きく変化したと思う。

セッションルームに向かう
車の中で思った。

休みの日に海外旅行で思いっきりはじけるのは
確かにとても楽しいこと。
でもそれは本当の喜びとは違う。

本当の喜びとは自分自身と向き合うこと。
自分自身を知り、
自分の本当の欲求に従って
自己実現をする途上を
一歩一歩自分らしく進むこと。
そしてその過程で
自分の芯の部分が震える瞬間を
周囲と共有すること。

こう考えると
マズローの欲求段階説って
よくできているな。と改めて思った。

自分の頭で考え、感じて、一歩一歩進みたいと思います。










1月24日より受付開始:ホメオパシー講座

クライアントさんを見る力を養うために。
精油が持つ生命力を最大限に生かすために。
家族や身近な人の健康のために。
自分自身のために。
新しい視点を養うために。


2月より月2回のホメオパシー講座が開催されます。
詳細はこちらを見てください。
http://tsukinokaorievent.blog68.fc2.com/


マウイ島北部のサーファー街PAIA。
ここの薬局にも
ラムネの粒のようなホメオパシーのレメディーが並べられていました。

昨年夏に訪れた南仏でも
ホメオパシーの文字がどの薬局でも見られました。

昨日のセッションでも
「エネルギーの使い方の偏りによる血液循環不良」の説明に
強く頷くクライアントさんがいました。

生命エネルギーはごくあたりまえのもの。
最近躊躇なくこういえるようになりました。

受講受付開始は24日10時です。
どんな方とご一緒に受講できるかと
今から楽しみにしています。


hana.jpg

マウイ島

正月は日本で家族達と迎え、
年始にハワイのマウイ島へ夫婦旅行。

グランドワイレアリゾートホテル&スパに滞在。
ここは全米No.1と言われるスパが有名で、
ゴージャスなスパ施設と
ビッグサンダーマウンテンに
スライダーがついたようなプールで
アロマや癒し、内省、心理学・・・などは全部忘れ、
海と太陽、ブギボ、水着、草原、火山で
朝から晩までひたすら自然を満喫してきました!
いやいや・・・真っ黒です。

帰国翌日は「女性セブン」の取材。
白黒写真とはいえ、
日焼けと飛行機でアロマセラピストの肌が
乾燥と色素沈着の状態では
あまり好ましくない・・・

そこで大活躍したのがブルガリア直輸入品を扱っている
アクエリアンフレンドシップの「ローズウォーター」。
2年前に訪ねた精油蒸留所産の信頼度の高い品を
毎年6月に一年分を大量購入。
今年は10リットル入手し自宅の冷蔵庫を埋め尽くしている。
それを惜しみなく全身に・・・そして顔にはローズウォーターを
浸したシートをのせてパックの毎日。

おかげで当日は女性セブン編集さんとカメラさんから
肌をお褒めいただきました。
ほっと一安心。
普段もこれだけ熱心にやれば変わるのに。

ちなみに機内の乾燥対策としては
搭乗から降機までマスクを着用。
マスクには常に湿らせたおしぼりをはさんでいます。
そして知り合いのアロマセラピストさんは
乾燥対策にフェイスシートを顔にのせているそうで、
私はトイレ横の席だったこともあって、
用意はしていったものの、実行する勇気はありませんでした。


20070112132015.jpg

今年もよろしくお願いします

明けましておめでとうございます。

年末年始のお休みが空け、
水没した携帯電話も無事復活。
10日より協会や月の香りでのセッションと
早速お仕事を開始しております。

2007年が始まりました。
正月も通常の日と同じ一日、と言う人もいるけれど、
「心機一転良い一年にするぞ」と多くの人が気持ちを新たにする。
一年の幸福を祈る。
普段は見ないような日の出を見る。
家族とゆっくり過ごす
・・・ポジティブなエネルギーに包まれる
日本のお正月の穏やかな空気が大好きです。

客室乗務員だった頃は
空の上でカウントダウンをしたり、
機長の部屋で奥様手作りのおせち料理を頂いたり、
ホテル主催のパーティで騒いだり。
それはそれで楽しかったけれど、
退職後、大晦日に紅白を見て
おせち料理とお屠蘇を前に家族で祝う元旦は
「この瞬間をどれだけ楽しみにしていただろう~」
と至福の時でした。

今年のおみくじは「吉」。
書き出しに
「迷いは不要です。人と手を組んでグループで頑張りなさい」とあり、年末からグループ活動に力を入れたいと強く思っていた私はびっくり。

奥深いアロマテラピーをもっと日本社会に広げるために。
アロマセラピストが正しく認知されるために。
そして大好きなアロマセラピーがもっと好きでいられるように。
みんなが笑顔でポジティブな感情や
本来宿っている愛情を交換しあえるように。
信頼するアロマセラピスト達と力を合わせて、
誇りを持って頑張ってみたいと思います。

20070112124826.jpg
プロフィール

松尾祥子

Author:松尾祥子
1994年オーストラリアで出会った精油。
自然の力や人間の未知なる力に魅せられ、現在は嗅覚の特殊性やイメージ・植物の生命力を活かしたアロマセラピー、大学院で学んだ臨床心理学、緑の薬箱といわれるハーブ療法、呼吸法・ヨガ・アーユルヴェーダを始めとする東洋の英知を活かして、個人セッションやグループセッション、教育や研究活動を行っています。

Aromatherapy月の香り主宰
 ㈱SAFARI代表
アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理学大学院修士課程卒業

SAFARIでは「活き活きと自分らしく生きる」ことをテーマに企業や学校での研修、メンタルヘルスワークショップ、自然の香りを使った情操教育やアロマセラピスト派遣を行っています。

カレンダー(月別)
12 ≪│2007/01│≫ 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。